2008年11月22日

オペラ「蝶々夫人」(アルファあなぶきホール『香川県県民ホール』)

先週末は実家・香川へ帰省していた。
目的は3つ。
 ・実家のPCが壊れたので修理
 ・祖父の調子があまりよくないので様子見
 ・オペラ鑑賞

先週金曜日と今週月曜日に有給休暇を設定、4連休で香川に向かう。

忙しく、また風邪をひきながらも何とか目的は達成した。
プライベートなことは置いといて、オペラ鑑賞について記録しておく。

題目は「蝶々夫人」。
もともと「香川県県民ホール」と呼ばれていた「アルファあなぶきホール」にて、香川県県民ホール開館20周年記念として公演された。(公式ページ

公演は11月15日・16日。
15日の蝶々夫人役は林康子の弟子で小学校時代からの幼なじみであるが、いろいろな事情(時間がなかったことが大きい)で観に行くことはできず、16日の日本が誇るプリマドンナ・林康子が蝶々夫人を演じる公演のチケットを母の分と2枚とった。

林康子は知る人ぞ知るプリマドンナで、Wikipediaにも短いながら記事が作られるほどの人物だ。
香川県県民ホールとしては20年前の開館時にもこけら落としとして、林康子が蝶々夫人を演じているらしい。

林康子とは高校生の時に国民文化祭の舞台で一緒に立ったことがある(ほとんど姿は見えなかったが…(^^;))。
何となく懐かしく感じながらも、香川県県民ホールへ車で向かった。

>>> 続きを読む
posted by K大 at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 各種鑑賞

2008年10月24日

引き続きサントリーオールドCM

昨日に引き続いて、サントリーオールドのCM。
少し古い長塚京三、田中優子出演のもの。
「恋は遠い日の花火ではない。」というコピーと長塚京三のジャンプは強く印象に残った覚えがある。


サントリーオールド




課長をなかせてやろう篇




若い子はもういいんです篇




オールド・ホット



いや、どれもすばらしい。
たった30秒の中でドラマができている。

ちなみにサントリーオールドに共通して流れている音楽は小林亜星のもの。

 夜がくる(Wikipedia)
posted by K大 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 各種鑑賞

2008年10月23日

國村準が熱い

YouTubeを観ていたら、私の好きな俳優・國村準が出るサントリーオールドのCMがあったのでリンク。


ザ・サントリーオールド「父の上京篇」




ザ・サントリーオールド「父の誕生日篇」



ザ・サントリーオールド「娘の相手篇」(YouTube)
ザ・サントリーオールド「娘の相手篇」(公式)


いや、もう、どれを観ても最高、國村準が。
一般には娘役の伊藤歩の人気が高い(先日のJACCSカードの女性もこの人、私と同い年)が、やっぱり男なら國村準でしょ。
少し前のNHK連ドラ「芋たこなんきん(2006年秋)」でも、藤山直美とのコンビは最高だった。

渋い声・渋い顔・渋い背中。
男の年の取り方はこうでなくちゃ。
口数は少ないけれど、想いは強くて、無愛想な中にふっと見える少しニヒルな笑顔。
私ではなれないからこそ、あこがれる。

「父の上京篇」では、駅で別れるシーンが秀逸。
本当は娘が心配でたまらないのに、何でもないような別れ方。
また、その後に見せる「ばれたか」の笑顔はもう形容のしようがない。

「父の誕生日篇」では、娘が実家に帰ってきた後に見せる笑顔。
もうこれしかない。

「娘の相手篇」では、娘の相手を前にしたあの威厳。
一部始終を見てなくても、そうとう話が進まないだろうなと思わせる。
そして、きっと誕生日篇で娘からもらったのであろうグラスを片手に「残念だな」。
さらに、その後の娘の相手が無表情で立ちつくす場面など、男としての格の違いを見せつけられたようで楽しい。
最後に黙ってウイスキーを飲む。

うーん。しばらくウイスキーから遠ざかってたけど、無性に飲みたくなってきたぞ。
posted by K大 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 各種鑑賞

2008年10月21日

質の高いCM

先日、山下達郎の「蒼氓」を取り上げたが、これが使われたJACCSカードのCMが懐かしくなって探してしまった。
見つかったのでリンク。




JACCS 由佳と和也篇 ad 1-6 +その後




JACCS アンモナイトと六法全書篇 ad 3話分 +ラジオad



やはり練り込まれたCMは、視聴回数に耐える。
こういうCMばかりだと番組間のCM時間も楽しみに思えてくるのだが。

ついでにYouTubeダウンロードの助けとなるページのリンク。
 Piyo Piyo Labs
posted by K大 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 各種鑑賞

2008年10月13日

思い出は死なない(『泣きたくないのに』)

少し前の話になるが、昨年の8月末に大学時代の友人が亡くなった。
 関連エントリ

あれから一年。
私にも辛いことたっぷり・楽しいことちょっぴりがあったけど、ふと亡くなった彼のことを思い出しては、生きていることが特別であることを実感していた。

そんな中で出会った一曲。
テレビで偶然聴いた曲だが、いろんな感情をこらえて彼の葬儀に参列していた自分とマッチした。

 ウルフルズ「泣きたくないのに」

よく調べていないが、きっとこの曲はシングルで出されてはいない。けれど、たくさんある彼らの名曲の中に加えられるべき曲だ。

以前、タレントの島田紳助が
 「自分の葬式には小田和正の『言葉にできない』を流す」
と力強く話していたが、あれはあくまで恋愛(失恋)の歌だ。
CMが切り出したワンフレーズだけを聴いて、勝手にイメージを膨らませているようだが、あの歌は心に決めた人と別れて違う誰かを愛している自分が哀しくて、その人とうまくいかなかった自分のふがいなさが悔しくて、でもその人と会えたことはうれしくて、そんないくつもの思いが重なって言葉にできないのである。
生命保険はもちろん生死とはあまり関係ない。

 オフコース(小田和正)「言葉にできない」

本当に葬儀などで流したい曲としては、上述のウルフルズの曲のようなものが適当であろう。ただ、一点気がかりなのは、この曲は葬儀で見送る立場の歌であるため、自分の葬儀では流せないことか。
posted by K大 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 各種鑑賞

2008年07月06日

第44回 日伊声楽コンコルソ

今日、あるコンクールを聴きに行った。
第44回 日伊声楽コンコルソ」というもので、日本ではそれなりに名の通ったコンクールの本選だ。
予選を通過した11名が演奏を披露した。

残念ながら私の応援する人は第3位までの賞をもらうことはできなかった。

第1位はテノール歌手。
持ち声の良さを存分に生かした演奏だったが、単純に高音をはずすことなく出せたから1位をとったのではないかとも思える。
ある人曰く「男声は数が少ないので、難しい音を出せれば入賞できる。審査基準は女声よりも甘い」とか。
楽譜にそう書かれている以上、決められた音を出すのは最低限であり、その上にいかに音楽性を構築するかで演奏の質が決まるのではないかと思うが、今日の第1位の演奏がどうであったかは私には何とも言えない。
ただ音楽性云々はさておき、素人耳には第1位をとってもまあ納得できる演奏ではあったと感じた。
日本に数少ない高音域をしっかり出せるテノール歌手としての活躍を期待する。

第2位・第3位はソプラノ歌手。
これがどうにも腑に落ちない。
「私が応援する人の方がよっぽど…」というと他人には贔屓目に見えるだろうが、さらに言えば「この2人よりもうまい人は他にも…」と感じた。
素人耳の感想を書き並べても恥をさらすだけかもしれないが、一言ずつ述べると…
第2位の歌手はどうにもくぐもったような発声で、客席で聞いていると一枚壁を隔てているようだった。
第3位の歌手はメゾソプラノではないかというような低い声で、中音域の鳴りは比較的きれいだったが、高音域になると喉で押している感じがしてソプラノのソプラノたる所以の音域がきれいでなかった。
前述の通り、私には音楽性云々はわからないので、聞いた感じを素直に受け取っているだけだが、この2名が上位入賞ということはよっぽど音楽性が審査員の好みにあったということだろうか。

で。
このエントリで言いたいのは、私がコンクール結果に不満を持っていることでもなければ、素人耳の感想で恥をさらすことでもない。
審査結果の公表の仕方に疑問を感じていることだ。

私が高校時代にやっていた合唱に始まり、これまでコンクールと名のついたものには何度も足を運んできたが、その多くは審査結果の発表が「結果だけ」でしかない。
今日も審査講評が一応設けられてはいたが、「曲の選び方に気をつけましょう」なんていうメッセージを全体に投げかけるだけ。
その後、結果を発表して「はいさようなら」
これでは5時間も聴いてきた聴衆はもとより10倍ほどの予選をくぐり抜けてきた演奏者も浮かばれない。

まずすべきは複数いる審査員の審査結果(得点や順位)公表である。
審査員達がそれぞれの演奏に対してどのような評価を下したのか。
それぞれからこのような結果が出たので、総合としてこの結果になりましたというのが筋だ。
ボクシングだって判定では「ジャッジ○○30対29赤△△」とそれぞれの得点を発表するではないか。
これを発表せずに総合結果だけでは、裏で何か取引(権力の強い人の一存や出来レース)があったのではないかと疑ってくださいというようなものだ。

さらに、それぞれの演奏に対する評価も出さなければなるまい。
これを聴衆に出すかどうかは別として、少なくともそれぞれの演奏者には「こういう風に評価しました。このようにしてみたらもっとよくなるのでは」みたいなことを伝えるべきだ。
これが数十人も参加する予選ならばそこまでは求めないが、たかだか10人程度の本選なのだからこれぐらいやろうと思えば可能だろう。

出演者は2度の予選や今回の本選に対して、多くの出費をしている。
上記のような見返りがないと何のためにお金を払って審査してもらっているのかわからない。
審査員もお金をもらったプロとして仕事しているからには、責任を持って講評を述べるべきだ。

このようなこともしない日伊音楽協会が「日本のオペラ界を担う人材の発掘・育成を目指して」などとよく謳えたものだ。
あなたたちが何を「育成」しているのですか、と問いたい。
もう一つ言えば、上記のようなことを公開することで、私のような素人で好き勝手いっている人間を教育することにもつながり、日本におけるクラシックに対する見方のレベルを上げることにもつながる。
こういう取り組みをしないままでは、日本におけるクラシックというものがいつまでたっても一部のマニアによる楽しみぐらいにしかとられないだろう。

それにつけても、今日の結果は残念でした。
posted by K大 at 23:59 | Comment(10) | TrackBack(0) | 各種鑑賞

2008年06月29日

オペラ「ナクソス島のアリアドネ」

東京二期会公演オペラ「ナクソス島のアリアドネ」の最終日公演に行ってきた。

昨日、那覇空港で起きたシステム障害の関係で、もしかするとオペラをキャンセルして那覇に飛ぶ羽目になっていたかもしれなかったが、担当者を中心とした深夜に及ぶ対応のおかげで無事にオペラを見に行くことができた。感謝。

オペラの印象が薄れないうちに、覚えていることをメモ。

>>> 続きを読む
posted by K大 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 各種鑑賞

2008年04月20日

オペラ「エフゲニー・オネーギン」

今日までの日程で「東京のオペラの森」というイベントが上野を中心に行われていた。
多くの音楽・芸術の催し物が企画されていたが、その中心となるのが「世界の指揮者・小澤征爾」によるオペラ「エフゲニー・オネーギン」である。

公演は計4回。(4月13日(日)15:00、15日(火)18:00、18日(金)18:00、20日(日)15:00)
見に行こうかどうしようか真剣に悩み始めたときには、早くも2日間ある休日の公演はSold Out。
空いているのもB席以上で少なくとも2万8000円の出費が求められる。
どうしようか散々迷ったが、日本が誇る小澤征爾の指揮でオペラが見られるチャンスなどそうそうないとの思いから15日(火)に有給をとって、東京文化会館に足を運んだ。

東京文化会館
 
東京文化会館入り口



以下、覚え書き。

>>> 続きを読む(だいぶ長い)
posted by K大 at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | 各種鑑賞

2006年09月18日

オペラ・フィガロの結婚【四】

何となく仕事が忙しくて,何となくやることが多くって,何となくだらだらしていたら,9月も半分を過ぎているというのに今月4回目の更新となった.
いかん,いかん.
せっかく場が提供されているというのに,これを生かさないのはもったいないし,更新しないことが当然になると根気がないことを認めたようで気分が悪い.
26歳(ついでに言えば今日は生まれてから9505日目)になったことだし,少し気持ちを入れ直そう.

前回の更新からいろいろなことがあったのだが,一番大きなことは土曜日に観たオペラ「フィガロの結婚」であろう.



>>> 続きを読む
posted by K大 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 各種鑑賞

2006年08月27日

《映画》UDON【伍】

昨日公開された映画,UDONを映画館で観た.

元々私の考えでは,このような迫力も何も関係ない映画を,わざわざ映画館で観ることなどないのだが,せっかく香川の映画が公開されているのならば話題作りにでも観ておこうかと思って足を運んだのだ.
つまり,私のこの映画にかける期待はそれほどではなかった.

コメディチックな映画だ,とさしたる根拠もなく決めてかかった私だったが,これが間違いであったことに後で気づく.
もちろん,おもしろい場面も多々ある映画だが,それよりも泣ける場面が多かった.
私は「鉄道員」にしてもそうだが,親子の情や家族の情に弱い.
それを映画でやられると思わず感動してしまう.
まだこれから観ようと思っている人もいるかもしれないので,内容には触れないが,感動できることは間違いない.
笑いあり涙ありとはこういう映画のことを言うんだろう.

また2時間30分という長い上映時間であったが,監督独特のスピーディーな展開で時間を感じさせなかった.
「踊る大捜査線」まではいかないが,それに近いぐらいの小気味よい展開だ.

さらに映像に出てくる懐かしくも美しい風景や,行ったことのあるうどん屋のおばちゃんがたくさん出演していたり,香川県出身の有名人を始め豪華なキャストが多数出演していたりと,飽きることがない映像の連続.
楽しく浮かれたうどんブームだけでなく,それがもたらす暗い部分もきちんと描写しているところも満足だ.

ちょっと関西弁チックな讃岐弁と,うどんやのおばちゃんの少し緊張した話し方が気になりはするが,香川県出身者としてこれほど楽しめる映画はあるまい.

満足度は当然
【伍】
だ.

皆さんも是非「期待せず」に,ネタ作りの気持ちで映画館へ行ってみることをお勧めする.
特に香川以外の地域では,うどん文化に対する周りの観客の反応が見られて,映画が終わった後も楽しめること請け合いだ.
posted by K大 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | 各種鑑賞

2006年06月27日

発売日前

最近はあまりCDを買って,新しく発売された曲を聴くことも少なくなった.
何というか,自分の感覚が世に流れているPopsとあわなくなってきて,大抵の曲を聴いてもいいと思わなくなってきた.
自分が中学校や高校の頃には,CDを買うのはなかなか金額的に難しくても,TSUTAYAに行って「あれもいい,これもいい」と,制限枚数一杯まで借りてきて,テープやらMDに落としていたのに….

これは私の音楽に対する感覚があの頃のまま進化しないために,今の流れについて行けてないせいだろうか?
それともテレビを見なくなったので,新しい曲にふれることが少なくなって,最近の音楽に疎いせいだろうか?

ともかく,あまりCDショップやTSUTAYAに行くことも少なくなった.
けれども,今日は珍しく帰りに駅前のTSUTAYAへ寄った.
私の好きな歌手の1人である「山崎まさよし」がNEWアルバムを6月末に出すという話を聞いていたからだ.

店内をざっと見渡すと,通常版と限定版が試聴コーナーに並んでいた.
買うべきか,レンタルされるまで待つべきか迷って,ちょっと店内をウロウロしていたが,昨日が給料日だったこともあって「エイヤッ」と買うことにした.
300円ほど高い初回限定版(amazon)をレジへ持って行く.

帰って一通り聞いたが,期待を裏切らぬ曲ばかり.
早速MP3プレイヤーに入れて,しっかり聞き込まねば.

amazon.co.jpのページを見て,初めて気づいたんだが,発売予定日は明日だったのね.
ちょっと得したような,いい気分.
posted by K大 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 各種鑑賞

2006年01月23日

《Jpop》音楽発掘

今年度から4つある研究部屋に散っていた学生を1つの部屋に集中することになった.
これは各部屋でつけていたエアコン等に対する省エネの意味もあるし,各人パソコンのネットワーク環境整備の意味もある.
なので,今は研究室では結構な人間が同時に作業している.

私は研究室で作業するときには大抵ヘッドホンをつけている.
やはり人間が集まれば,重要であるか否かに関わらずちょっとした話をするのは自然であり,騒がしくなる.
問題は私がそういうちょっとした話にすぐ首を突っ込みたがるところだ.
自分が集中しなければならないときでも,誰かが何かを話していると,どんな面白い話が行われているかと耳をそばだててしまうのは悪い癖だ.
これではいつまでたっても自分の作業が進まぬ.
そんな理由で,ヘッドホンをつけ,外部からの音を遮断するために音楽を聴きながら作業をしているのだ.

ところで,皆が同じ部屋に集まり,ネットワークでパソコンがつながれると都合のよいことがいくつか出来るようになる.
ファイルの共有もその一つだ.
そのおかげで,我が研究室では各人の持つ音楽ファイルを共有し,CDを貸し借りするかのごとく音楽ファイルをgive&takeしている.

他人の音楽ファイルをのぞいていると,今まで自分が聞いたことのない様な音楽に出会うことが多い.
どちらかというとメロディアスな音楽を好む私も,ラウドロックやらメタルロックやらコアな洋楽などに触れる機会が出来る.
大抵は,自分に合わないことを再認識する結果に終わるのだが,先日後輩のファイルからいただいた音楽は非常によかった.
知っている人には今更なんだろうが,「川村結花」という歌手である.

私は元来,メッセージ性の強い音楽を聴くのが好きである.
やはり歌というものは,歌詞による明確な,また共感できるメッセージがあってこそメロディが生きると考えている故だ.
(ただし,自分で演奏する場合はこの限りではないが…)
よって,中島みゆきを始めとする,少し古めの感じがする音楽は大好きだし,逆に最近のチャラチャラしたような音楽は好きでない.
特にシンガーソングライターと呼ばれる,自分で作詞・作曲する歌手を好む傾向があるようだ.
小田和正や山崎まさよしなどはその好例である.
そして,そんな分類の中に今更ながら新たに加わったのが「川村結花」

公式HPによれば,大阪府出身で東京芸術大学音楽学部作曲学科卒業.
特にSMAPに提供した『夜空ノムコウ』の作曲をしたあたりから注目を集めているらしい.
私は未だ聞いたことがないが,東京FMではDJも務めているようで,関西人らしいノリのいい喋りで、中島みゆき、松任谷由実と共に、音楽と喋りにギャップのあるシンガーソングライターとしても認識されている,とのこと.

私は自分で借りたのも含めて,『home again』と『Lush Life』の2枚のアルバムしか入手していないが,どちらも非常によい.
歌声は変な節回しもなく,とても素直で,ちょっと力があって,何というか温かみがある.
音楽は安心して聴け,『ヒーリング効果』を銘打ってもいいほど心地よく,歌詞は誰にでも共感出来そうなもので一曲一曲しっかりとしたメッセージ性を持っている.

もし,聴いたことがない人がいたら,是非一度聴いてみてほしい.
まあ,私の音楽ファイルをあげてもいいんだけど,それは…,その…,こんなところで言うのはいろいろと問題があるから….
posted by K大 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 各種鑑賞

2005年12月03日

《映画》攻殻機動隊 Stand Alone Complex【伍】

いよいよ冬本格化.
今日はこの冬初めて,マフラーを装備して大学に行き,バイトに行った.
風が冷たい.

今日・明日とTSUTAYAは旧作DVD・Videoが,レンタル半額である.
いつものようにDVDを借りに行った.
これによって24のSeason2がやっと揃うことになった.ようやく見始められる.

さて,今日は22:10からNHK-BS1にて「立花隆が探るサイボーグ医療の時代 第1回 人体と機械の融合」が放映されたらしい.
当然,私はBSなど実家にいなければ見られないので,どんな内容だったかはわからないが,簡単な内容はここに記されている.

それに関連して,つい最近『攻殻機動隊 Stand Alone Complex』を観たので,その鑑賞文を書くことにする.続きを読む
posted by K大 at 23:59 | Comment(5) | TrackBack(0) | 各種鑑賞

2005年10月20日

《オペラ》二期会・ジュリアスシーザー【壱】

先日,東京にてオペラを見た.
二期会の若手が出演するもので
ヘンデル : 歌劇「ジュリアス・シーザー(エジプトのジュリオ・チェーザレ)」
であった.

演奏はバッハ・コレギウム・ジャパンというところで,私はよく知らないが,有名な団体らしい.
特にチェンバロの演奏が綺麗で,私は初めてこの楽器を生で聞いて感慨深いものがあった.

音楽の母と呼ばれるヘンデルが作ったオペラであり,それなりに有名なのかもしれないが,正直,私には少し退屈だった.
終わったのかと思ったら,しつこく同じような旋律が流れてきて,いつ演奏が終わるのかわからないというのが,そのとき持った感想だ.

このオペラは3幕9場・計3時間に及ぶもので,結論を述べると,私は2幕が終了した時点で帰ってしまった.
別に用事があったわけではない.
ヘンデルの音楽の良さはいまいちわからなくとも,演奏の綺麗さや歌手のうまさなどは感じることができてよかったのだが,あまりに演出がひどかったのだ.続きを読む
posted by K大 at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 各種鑑賞

2005年09月29日

S.W.A.T【参】

SWAT.jpg
記念すべき二作目の感想文である.私が感想文を書くときは,いつだって記念すべき時なのだ.

『S.W.A.T』,2003年の作品だ.

もともと,『交渉人』という映画でサミュエル・ジャクソン好きになった私は,これも同じ警察組織の話ということで,彼の活躍を期待して見た.続きを読む
posted by K大 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 各種鑑賞

2005年09月17日

《TV》女王の教室【伍】

昨日より酷い.

誤解なきよう言っておくが,決して天気のことではない.
まして私の顔や,助教授の仕打ちではない.これ以上酷くなったら,目も当てられなくなる.

体調は一向によくならず,6か国協議も芳しくない.
昨日のゼミを受けて,今日も研究室に行き,ばりばり研究しようと思っていたのに,誠に残念だ.

さて,今日は私の最近のヒットドラマ『女王の教室』の最終回である.

久しぶりにドラマを始めから最後までしっかりと見た.
やはり,最終回もメッセージ性に溢れた充実した話であった.続きを読む
posted by K大 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 各種鑑賞

2005年09月02日

《映画》T.R.Y.【弐】








とりあえず,「映画鑑賞」という趣味に向けて,見た映画の感想文を,素人の浅はかさと傲慢さを存分に出しつつ,書いてみる.

映画鑑賞の一作目として邦画を選んだ.特に意味はない.

映画名は「T.R.Y.」.2003年の作品だ.<公式ページ続きを読む
posted by K大 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 各種鑑賞

2005年08月28日

趣味一考

私を知る人は数多いが,私の趣味が映画鑑賞だと知る人はほとんどいない.全人類に尋ねたとしても,片手で足るほどであろう.私もさっき思い立ったところだ.


思い返してみると,趣味をどうしようかという問題は就活の履歴書に端を発している.ありきたりな「読書」なんて書くわけにもいかず,どうしたものか悩んだ.しかしよく考えれば考えるほど趣味と呼べるものなんてなかった.

これは就活だけの問題ではない.このまま会社に入って忙しいまま日々を過ごし,老後を迎えたとき,趣味のない人間では生活に張りも潤いもないものになると,常々思っているのだ.ここらへんで真面目に考えて,自分に合うものを探していこうではないか.続きを読む
posted by K大 at 23:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 各種鑑賞

2005年08月20日

《TV》最近おもろいドラマ

中学校を卒業してからというもの,基本的にテレビは報道番組か映画ぐらいしか見なくなった.特にドラマというのは「三谷幸喜」物(古畑任三郎・王様のレストラン等)ぐらいしか見てない.

しかし,最近話題になっていたり何となく見たTVのうちから,楽しんでみている物が二つある.続きを読む
posted by K大 at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | 各種鑑賞