2011年11月12日

Tangible User InterfaceとipadとX-info Table

リフレッシュ休暇は結局のところ部屋の片付けで終わってしまった。
何かに邪魔されることなく片付けに専念した結果、かなりのものを整理し捨てることができた。
年度末には引っ越しも予定しているし、ある意味よい休暇の使い方だったと思う。
ただ考えていた休暇の使い方とは違っていて、まるで夏休みを終えた受験生のようにちょっと不満は残るが。

片付けをしながらこれまでHDDレコーダーに記録していたテレビ番組を見ていた。
その中でITホワイトボックスを再生していたところ「Tangible User Interface」の放送があった。

Tangible User Interfaceとはユーザーインタフェースの考え方の一つで、少し古い記事ながら下記が参考になる。
実体を持つデバイスに物理的に触れることにより、操作を直感的に知覚できるインターフェイス。TUI は、CUI と GUI によってモニターの中に追いやられてしまった操作感を、もう一度人間の手に還元しようとしている。その原点はそろばんであり、自動車のステアリングなども TUI の一例だ。自動車の場合、ステアリングのきり具合が車の曲がり方にダイレクトに反映し、それが直感的な操作性を実現している。これをいかに IT 分野に応用するか、研究が進められている。
→実体を持つ次世代インターフェイス、「Tangible User Interface」


つまり文字だけのインタフェースだったCUI、現在主流のマウスを使って操作するGUIの次にあるインタフェースとして、TUIが提唱されている。
番組ではこれを推進しているMITの石井教授をゲストに話を進めていた。

ネットで検索してみるとMITのページに様々な形のTUI研究結果がmovieとして公開されている。
 Tangible Media Group - Projects
また、NTTコムウェアによる製品化事例も見つけることができる。
 タンジブル防災シミュレータ


>>> 続きを読む
posted by K大 at 15:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | ネット生活

2011年06月12日

Facebookはじめました

久しぶりに更新してみる。

「ネットは危険」と思い始めたのがいつからだったか。
大学生の頃、一人暮らしをはじめて、電話線を引っ張って、テレホーダイ時間になったらネットにつないで、よくわからないままさまよっていた頃。
または、大学の共用パソコンでダイアルアップでは実現できないほどの早さで、ソフトウェアをダウンロードしてフロッピーに何枚かわけて保存し自宅に持ち帰っていた頃。
あのころはそれほど危険という認識はなかった。

あれから時が流れて、今では自宅でも電話線を使わず、WiMAXで家でも外でもつないでいる現状にあっては、これまで当たり前のように使っていた「プロバイダ」という業者も解約してしまい、あのころ常識と考えていたものが次々と変化していった。
ただ、いつの頃から根付いた「ネットは危険」という考えは今も変わらず強く残る。

海の向こうではしばらく前からFacebookなるものが社会インフラ化するほどの勢いで広まっており、しかもその波は日本にもやってきていることは周知の事実。
私も存在自体は知っていたが、何よりその実名主義のルールが自分の常識となじまず、距離をとってきた。

ある日、会社で一緒に仕事をしている人から「Facebookやろうよ」といわれ、招待状を送られた。
はじめは少し躊躇する面もあったが、せっかくの機会を生かさず、変化を恐れるようになったら人間おしまいだと思い、素直にはじめてみることにした。

まだ活用できているわけではないが、少し使ってみて思ったこと。
それは海外製のサービスによくあるUser Interfaceの弱さ。
Facebookと同じ分野のサービスは断然mixiだろうが、私の感覚ではmixiの方がよっぽどUIに優れている。
何をするにしても日本的細やかさのあるmixiに対して、Facebookは何がなんだかよくわからないし、思った操作もしにくい。(ただmixiは「あしあと」機能とかいうお節介で気持ち悪い機能があるのでほとんど使わないけど)

この感覚はデジャブだ。
以前、会社の研修で世界的に使われている会社用の決算ソフト「SAP」を3日間かけて触れたことがあった。
世界的なデファクトスタンダードであることから、さぞすばらしいソフトなのだろうと期待して触ってみたのだが、そのときもUIの貧弱さに驚いた覚えがある。
そのときの講師は、そのUIの貧弱さを認めた上で「世界的に使われているソフトもこの程度なのか、と思うことがこの研修のねらいの一つです」と言っていた。

おそらくこれらのソフトに共通しているのは、アーキテクチャーの堅牢さというか、土台の作りがしっかりしている部分にあるのだろうと思う。
SAPなどは世界の会計ルールの変更に対応できるように作られており、それこそが世界的に広く使われる理由になっているとか。
システム構築やソフトウェア開発に携わるものとしては、こういう部分を意識して開発に取り組むべきなんだろうとは思うが、そんな成果が出るかわからない、アーキテクチャーレベルから取り組めるような仕事などなかなかなく、思うだけにとどまっているのが歯がゆいところだ。
posted by K大 at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活

2006年10月07日

もやもやした気持ち

先日,所用で実家に電話をかけたときのこと.

母曰く「Yahooがまたも無料でインターネットを使ってみませんか,と言うから,今回も断り切れずに了承してしまった」
うちの実家にはCATVのネット回線が用意されているので,別にYahooなど必要ない.
さらに,無料とはいえセッティングや返送にかかる手間を考えると,使うメリットは特にないのだが,母は押しに弱いのか,人を信じやすいのか,あっさりOKしてしまう.

更に前に電話をかけたときには
「大学時代の友人とかいう服部君が,連絡先を教えてくれというから,携帯の番号教えておいた」
などと言っていたが,私の友人に服部君などいない….

こんなことじゃ,一時期はやった「オレオレ詐欺」にも簡単に引っかかるのではないかと密かに心配しているのだが,そんな私に
「この前テレビで独り暮らしをねらったこんな詐欺が紹介されていたから気をつけなさい」
と忠告してくるぐらいだから,大丈夫か.





>>> 続きを読む
posted by K大 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | ネット生活

2006年02月03日

気の毒なセールスマン

昨晩はついに明け方まで作業を続けてしまい,帰って寝ようと思ったときには外が明るかった.
当然,午前中に起きられるはずもなく,昼過ぎまで爆睡.
私の記憶が確かならば,目覚ましと携帯アラームが鳴ったような気がするのだが,さっと止めて眠りに落ちる.

と,昼過ぎに電話が入る.
寝ぼけて電話を取ると,気持ち悪いぐらい上品な男性の声.
ソフトバンクのADSL勧誘だった.

初め,5分ぐらいは頭がぼーっとしたまま,「はあ…」なんて聞いていたが,よく考えるまでもなく,うちには既に2回線(OCN.ADSL,USEN.光)もネット回線が引かれているのだ.
相手の話がとぎれるのを待ってそういう事情を説明するも,なおも食い下がってくるセールスマン.

値段もUSENの光の方が(もしちゃんと払っても)安いし,基地局から少し離れているうちでは50M・ADSLでたいした速度が出るわけがない.
どう考えても,ソフトバンクに私の家のシェアを奪うだけの魅力はない.
にも関わらず,「とりあえず試してください」と引かないセールスマン.

3月で退去する旨を伝えると,さっとセールストークをやめた.
いつまでもしつこいセールスマンに少々あきれていたが,あれだけ価格・環境において他社に負けているというのに,それを解消する案も他のセールスポイントも説明しないまま「試してください」を連呼する彼.
段々かわいそうになってきて,電話を切ったときには少々気の毒に感じてしまった.

ただ,なぜか「よし!私はがんばろう!」と,ベッドから飛び起きて研究室へ向かった私.
うーん,今 考え直してもなんで「がんばろう!」と思えたかがわからん….
とりあえず,たった10分ちょっとで起きがけのやる気を引き出してくれたセールスマンに感謝.
posted by K大 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活

2006年01月26日

光ネット環境構築完了

つい先日,例のUSENの光ネット環境工事が行われた.
部屋の電話ソケットの上へ,LAN用のソケットを取り付ける工事だ.
技術者2人がやってきて,ねじをはずしたりつけたり,コードを通したり取り付けたりと,いろいろ作業していた.

私は誤解していたのだが,どうも光ネット環境といえど,自宅の壁に光ケーブルがやってくるのではないようだ.
普通のLANケーブルを壁の内部にある配線管を通して,部屋の外へ出し,それをどこかの基幹線につなげているようだが,その基幹線が光ケーブルである保証はない.
どこまで光ケーブルかというのは結構大事で,もし宅内まで光であれば,通信途中でのロスが非常に少なく,それこそ謳い文句の「100M占有」も嘘ではないのだろうが,工事を見る限りでは大分怪しそうだ.

途中何かしらミスがあったようで,ちょっと手間取っていたが,まあまあすんなりと工事終了.
技術者は帰っていった.
その日,私はどうしても早めに大学に行きたかったので,あまり環境を調べず,ネットにつながることだけ確認しておいた.
で,先ほど,実際どれぐらいのスピードが出ているのかを計ったのが下の結果だ.


------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver3.5001
測定日時: 2006/01/27 00:39:22
回線/ISP/地域:
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 11876.184kbps(11.876Mbps) 1484kB/sec
2.NTTPC(WebARENA)2: 11619.096kbps(11.619Mbps) 1452kB/sec
推定転送速度: 11876.184kbps(11.876Mbps) 1484kB/sec




Gooスピードテスト結果

Gooスピードテスト結果



下り速度は12Mbps程度.
今までのADSLだと3Mbpsぐらいだったから,実に4倍にもなったことになるが,100Mの1/10よりちょっと大きいぐらいとは….
せめて1/3ぐらいの30Mbpsは出てくれるものと期待していたのに….

ついでに上り速度も調べてみる.


上り(アップロード)速度テスト結果
データ転送速度 43.47Mbps (5.43MB/sec)
アップロードデータ容量 1000kB
アップロードに要した時間 0.184秒
測定日時 2006年01月27日(金) 00時38分
利用ブラウザ: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; Headline-Reader; .NET CLR 1.1.4322) Sleipnir/2.30



おお!こちらは宣伝通り50Mbps弱が出ているではないか.
うむ.なかなかよろしい.

何でもUSENに入ると,いろんな動画コンテンツが無料で見られるらしいのだが,この忙しいときにそんなものにかまけている時間はない.
また修論が終わったら,見てみようかね.
とりあえず名古屋にいる間は,無料で(ここが大事!)そこそこのネット環境を利用出来そうだ.
posted by K大 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活

2006年01月16日

不思議な訪問者

一週間弱前の夜,不思議な訪問者がやってきた.
バイトから帰って,24 Season2を,ビール片手に見ていたときで,ちょうど盛り上がったときに「ピンポーン」と来たので大いにビビった.
まさか「リアルタイム」が,自宅のドアまでやってきたのかと….

で,急いで玄関に行ってみると,男性が2人立っている.
2人とも,きちっとスーツを着て,身分証明書を首から提げ,年が若そうなので,あまり警戒せずに応対してみた.

何でもUSENの営業らしい.
そういえば,うちの住宅は光ケーブルがすでに各部屋に来ていて,ちょっとした工事と契約を結べば,100M占有ネット環境ができると,再三再四お知らせが来ていた.

PCを使っている人は皆そうだと思うが,たった数秒の「待ち」が大きなストレスにつながることはよくある.
ゆえに,私も光のネット環境に憧れてはいたが,ほとんど研究室にいるし,現在のADSL以上の必要性も感じないし,何より無駄な出費は抑えたい.
しかも,私はあと3ヶ月もすれば退去するのだ.

とりあえず,退去すること,お金がかかること,を断る理由に挙げたのだが,驚いたことに心配いらないという.
曰く,工事費も含めて3ヶ月は無料で体験できるので,2月末に解約してくれればお金は一切いらない.
しかも,専用線を宅内に作るので,今使っているADSL・IP電話等にも干渉しない.

私は疑問に思って,それではあなた達の利益につながらないでしょう?と聞いてみた.
すると,彼らは,2つの点でこの契約が自分たちに利がある旨を言ってくれた.
 ・中途解約でも,自分たち営業には契約一件分のカウントとなること
 ・宅内工事を済ませておいてくれると,次に入居する人にセールスしやすいこと

まあ,お金がかからないのであれば…,と契約してあげたのだが,あれから一週間弱,未だに連絡がない.
やっぱりだめだったのかな?
まあ,私には何も損害がないので構わないけれど.

それにしても,契約書を書いている間,三人でぼちぼち話していたが,営業の仕事ってきつそうだわ.
とても私にはこなせないだろうな,と感じた.
posted by K大 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活

2005年11月03日

Where do you live?

相変わらず忙しいが,休息をかねてネット上をうろうろする.

と,「百式」 でおもしろそうなツールが紹介されていた.
その名も「Frappr!」.

まだベータ版だが,研究をしたくないために Blogをいじって,導入してみた.

これには二つの目的がある.
  ・このページの読者がどこに住んでいるのかを答えてもらって,その地図を眺めて楽しむ
  ・好きな画像をUPしてもらって,皆で眺めて楽しむ

まず一点目だが,このサービスはGoogle MapのAPIを利用している.
このMapは非常に優秀で,ストレスなく「世界地図レベル」から「私の実家近辺の路地レベル」まで楽しむことができる.
これにポインタを打ってもらうことで,このページの読者がどの辺りに住んでいるのかを眺めて楽しむのだ.
当然,プライバシーの問題が出そうだが,細かい住所ではなく,郵便番号単位(非アメリカ住人は都市単位)でポインタを打つので,住んでいるところはわからない.

二点目は読んで字の如く.

以下にこれに登録する際の流れを示しておく.
最後まで読んだら,メインページ右段下部にある「Where do you live?」から飛んでもらって,是非ポインタを打ってもらいたい.続きを読む
posted by K大 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | ネット生活

2005年11月01日

最近の気になる記事

突然,忙しさに襲われた.
先週末から数日間,朝4時前後に眠って,朝8時頃に起きる生活を続けた.

なぜそうなったかを話すと,ひどく長い話になるし,個人的なことなので避けるが,おかげでここも更新できずにいた.
月曜日には通常の生活に戻ると思っていたが,火曜日に隔月の研究室発表があることを思い出して,そのまま徹夜.
もう体力の限界であった.

それらも無事に終わり,やっといつもの生活が戻ってきたところだ.

ページにアクセスして頂けるとすぐにわかるが,エントリの上に『最近の気になる記事』として,ネット上の興味深い記事にコメントし,リンクしている.

「知は力なり」という言葉がある.
今の社会,知識を多く備えているということは絶対的な強みである.
あまりよくないことだろうが,ある一面では情報弱者=社会的弱者となりつつある.

知識は多ければ多いほど,物事を理解し,判断し,思考する基礎となり力となる.
教科書のような体系的な知識でなくとも,断片的ないわゆる「trivial」な知識でもよい.
それらが増えていくにつれ頭の中のネットワークが適切に形成・補強され,その後入ってくる新たな知識を受け入れやすくなる.

大学学部の講義等でさっぱり意味がわからなかった勉強や理論は多い.
しかし,研究等で詳しく知る必要があるときに,ただ「聞いたことがある」というだけで,抵抗感がなくなり,勉強が大分しやすくなるということをこれまで何度も経験してきた.

inputが多ければ多いほど,後のoutputにつながってくるのだ.

私は上記の視点に立ち,普段,時間がとれるときにはできるだけ多くのものを読もうと努力している.
幸い,先日紹介した「RSSリーダー」などを使えば,労せず世に出てくる多くの新着記事をチェックできるので,案外楽なものだ.

それら記事の中でも,「これは…」と思えるものを手当たり次第に上記スペースへUPしていくつもりである.
時間のある人は是非読んでもらいたい.


ところで,このスペースを確保するためにBlogのソースをいじっていたのだが,どうもうまくいかない.
記事数は最新の50を表示するようにしているので,どうしてもiframeを使う必要があるのだが,右端がページ領域からはみ出す.
しかし,ブラウザの画面の大きさを変えるとか,左にバー(お気に入り・検索・履歴…)を表示してすぐに表示解除するなどの,画面再描画を行うと,適切な位置におさまる.
いろいろやってみたが,どう解釈してもhtmlやスタイルシートの構文は間違っておらず,試しにIE以外のエンジンでブラウジングすると上記不具合は発生しなかった.

どうもIE特有のエラーのようである.
ネット上で検索してみると,IEには他にもいくつか不具合があるようだ.
ブラウジングのデファクトスタンダードであるIE.
時期バージョンでは,ぜひ不具合をなくして,html・スタイルシートを正確に把握し,表示してもらいたいものだ.

とにかくこうなっては私に対処できるレベルを超えている.
しかたなく,注意書きを書くにとどめておいた.
posted by K大 at 23:59 | Comment(10) | TrackBack(0) | ネット生活

2005年10月21日

漫画,読みたい?

本日は夕方から隔週の研究室・グループゼミがあった.
また,明日はあるコミュニティの子ども向けに紙ヒコーキ講座をしなければならない(数ヶ月前から決まっていた).

一つ一つはそれなりの忙しさなのだが,一緒に来た(前もって準備しなかった私の責任)ので,自分のための時間がさっぱりとれない一日となった.

なので,このBlogを更新するよりも早く眠りたい.
しかし,せっかくなのでこの前見つけた,驚きのサイトを紹介して,お茶を濁しておくことにする.続きを読む
posted by K大 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活

2005年08月22日

トラックバックを張ってみる

忙しいわ。
昨日はとてもじゃないがブログなんて書く暇も体力もなく、すぐに寝込んでしまった。

本当はY木のアイデアノートなんかを見ながら考えたことを書いたり、きのっぴのブログに答えてお奨めの漫画でも書いてやろうかと思っていたのだが、何かURL占いとやらを要求されているようなので、それに答えることにする。にしても、トラックバックの使い方間違えているような…、ま、えんやけど。続きを読む
posted by K大 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活