2007年07月01日

通勤時間の過ごし方

サザエさん症候群とは、日曜夕方に放映される同番組を観ることで翌日からの仕事を強く意識し、辛く思う状況を言う。
こんな言葉が生まれるほど、サラリーマンにとって月曜は憂鬱だ。
ある統計によると、月曜日の自殺者がもっとも多いらしい。(定かではない)
かくいう私も例に漏れず、月曜の朝はもっとも駅に向かうのが億劫で、ただでさえフレックスで遅い出社時間がさらに遅くなる傾向がある。

そんな憂鬱への対策にも一役買うであろうある製品を最近購入した。

この製品は、音楽・動画・写真・テキスト・ラジオ・ボイスレコーダ等を楽しむことができるPMP(Portable Media Player)である。
これまでの私の通勤時間の過ごし方は主に音楽を聴きながら読書にふけることであった。
それなりに有意義に時間を過ごすことができるが、いくつか問題点もある。

  • 満員電車では本を広げるのに十分なスペースをとることができない
  • 少し大判な本を読もうとすると、両手を使わざるを得ず、つり革等で自分を支えるのに難儀する
  • 多少なりとも集中する必要があり、疲れているときには本を広げる気にもならない
さらに以前から、今までたまっている映画やドラマ等の動画を見る時間がないことを残念に思っていた経緯がある。
今回購入したCOWON D2はこれらの問題を一挙に解決してくれた。

インターフェースはタッチパネル。
液晶に表示された絵や文字を指で軽く突くだけで軽快な動作が可能だ。

音楽は多くの形式(MP3/WMA/OGG/FLAC/WAV/APE)に対応している。
再生中は画面にCDジャケットを表示することも可能。
何より音楽の保存が、PCで扱っているファイルそのままなので扱いが容易だ。
再生は1曲・フォルダ・Allと選べ、エフェクトも自由にかけられる。

余談だが、以前使っていたP社のMP3プレイヤーは、わざわざ音楽を独自形式に変換してからプレイヤーに保存していたため、非常に取り扱いがしにくかった。
ファイルがPC上と異なるために専用ソフトを介さねば音楽を転送することができず、しかもこの専用ソフトは非常に使い勝手が悪かった。
確かに著作権などでコピーが制限されるファイルに対しては有効だが、それにしてもすべての音楽ファイルを独自形式に変換してしまうという乱暴さは、ユーザーに不便を強いる。
今回COWON D2を購入する際に、P社の新製品を見る機会があったが、筐体はスタイリッシュに変わっていても中のソフトは同じであった。
SEの端くれとして、この仕様には疑問を感じる。
Wikipediaの冒頭にこのように書かれているのは、やはりそれなりの理由があるのだ。

動画はaviとwmvに対応していて、動きもなめらかだ。
画質もちょっと見る分には申し分なく、小さめの画面ながら字幕を読むこともできる。
写真・テキスト・ラジオ(FM)も特に問題なく必要最低限の機能が盛り込まれている。

筐体は画面がある分少し大きめだが、カッターシャツの胸ポケットに収まるサイズ・重さ(91g)であり、私の使い方では問題ない。
記憶容量は本体側が2G or 4Gあり(私は4G)、さらにSDカードを外部媒体として使用可能。
SDHCに対応しているため8GまでのSDカードが利用可能で、計12Gまで増やせる。
電池は専用充電池内蔵で交換や補助不可だが、十分にもつ。

一方不満がないわけでもない。
音量設定は音楽と動画で共有なため、音声出力の強さが違う場合、いちいち変更する必要がある。
レジュームには対応しているが、何かしらの操作がきっかけでそれが忘れられてしまうことが時折ある。
ストラップのつく場所とイヤホンジャックが逆の側面にあるため、もし首から提げて使おうとするとちぐはぐになってしまう。
ただし、これらは全体からすればささいな不満であり、全体的に見て、自信を持って人に勧めることができる製品だ。
惜しむらくはこれが韓国製品であること。
この製品にしても、ipodの高いシェアにしても、日本のポータブルオーディオ産業は今や完全に諸外国に負けている。
その昔、sonyがウォークマンを出してから、この分野は日本のお家芸だと認識していたが、現状はそうでもないようだ。
特にハード的性能ではなく、使い勝手やデザインでシェアを奪われたところに、あぐらをかいていた姿勢が見えるような気がする。

私の使い方では、駅から家や会社までは音楽を聴き、電車の中では映画を観ている。
映画を観るのに集中する必要はなく、重い本を持ち運ぶ必要もない。
通勤時間を楽しみの時間にすることで会社へ行く苦しさを和らげ、辛い通勤時間を体感的に短くしている。
映画を観ながら感動したりはらはらしたりしているうちに、思わず乗り過ごしそうになったことも1度や2度ではない。

今週はtsutayaが半額セールをしているので、早速行って、CD/DVD併せて20枚借りた。
田舎での車通勤をうらやましく思っていたが、この製品を買ってからというもの、都会の電車通勤もなかなか悪いものではないと思い直した。
それでもやっぱり、軽減したとはいえ、月曜の朝に外出を辛く思う気持ちに本質的変化はないけれど…。

posted by K大 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 会社生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4552763
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。