2009年08月30日

民主党圧勝

開票はまだまだ進んでいるが、民主党が圧勝したのは確実な模様。
自民党の大物議員が、ばたばたと小選挙区で敗北している様がテレビで報じられている。

民主党のマニフェストは、子ども支援や農業支援などの内側ばらまき政策ばかりで、最長4年にわたる政権を用いて、国家の経済成長戦略や国際社会での日本の立ち位置としてどのような未来像を描いているのかが見えにくく、不安を感じる。

ただ、どんな組織も滞ると腐る。
自民党を中心とした政府も数十年間同じ体制が続き、各所でよどみが発生しているのだろう。
民主党には歴史的な転回点として、これまでタブーとして手をつけられていなかった部分に大胆に手を入れ、ドラスティックに政治を変えていってもらいたいものだ。

今回の選挙は、決して民主党を支持したのではなく、自民党の自爆と避けようのない国際的金融不況からきた「反自民党・反政府主義」が今回の選挙結果として現れたのではないかと感じられる。
民主党にはせっかく訪れたチャンスをしっかり活用して欲しいし、自民党には内部自浄としっかりした野党としての役割を果たして欲しい。

民主党は予算の組み替えで財政の無駄遣いを減らすつもりでいるようだが、霞ヶ関では来年度の予算はすでにがちがちに組まれている。
仕事柄、省庁のほんの一部の予算組みを小耳に挟むことがあるが、政権が変わらないうちに、といろいろな縛りを今年のうちに組み込んでいたようだ。
また、民主党は今回の選挙で各方面への甘いえさをばらまいていることもあり、これからの舵取りは難しそうだが、是非がんばって欲しいものだ。
「友愛」とやらも大いに結構だが、甘いえさの代償を借金で先送りし、次の世代に負担させることだけはやめてほしい。


さて、各局では報道番組が続いているが、少しザッピングしてみたところ、ダントツで面白いのがテレビ東京(ニッポン戦略会議)だ。
ワールド・ビジネス・サテライト(WBS)のメンバーを中心に、識者を招き、これからの日本の行く末をそれぞれの立場で話し合っている。
WBSの番組らしく、雇用や経済政策を中心に話しており、興味を持って見ていられる。

私は竹中平蔵氏が好きだが、それは彼の語り口が経済リテラシーのない私にもすんなり理解できる物言いだからだ。
これからの少子高齢化社会をふまえて、民営化を通して小さな政府を目指さなければ日本という国が持たないという話はわかりやすく説得力があった。
彼の主張によれば今回の選挙は「重税国家」の始まりだという。
確かにマニフェストに書かれたことを行っていくことを考えれば、税金に頼るか借金を増やすしかないように見える。
すでにこのような報道(民主、13年通常国会で年金改革)も出てきていて、「収入の15%の保険料」という怖い文言もあるし…。
一方、番組途中で出てきた鳩山党首は、キャスターの「今後の経済政策については?」という質問に対し「陸海空で…」と(おそらく)資源問題についてよくわからない話をするだけで、全く要領を得ない。
また同番組に出演している小谷真生子氏池上彰氏北川正恭氏も話がわかりやすくてよい。

さて、対して他局はどうか。
NHKはともかく、他民放はどれも見るのが馬鹿らしい。
誰それがどのように戦った(自転車に乗ったとかエコカーに乗ったとか演説を聞いてくれないとか…)とか、こんな失言をしたとか、当選を果たした議員個人と話してみたりとか、番組構成があまりにワイドショー的、近視眼的。
貴重なリソースを使って、誰それの万歳三唱と興奮した「喜びの声」「落胆の声」をひたすら流すことに何の意味があるのか。
衆愚政治」とは「知的訓練を受けない民が意思決定に参加することで、議論が低廻したり、扇動者の詭弁に誘導されて誤った意思決定をおこない、誤った政策執行に至る場合などをさす。」
マスコミには、いつまでも国民を馬鹿にしたようなくだらない番組を流して、自らが作り出した「世論」に国民を流すばかりではなく、その能力を生かして、国民を啓蒙するような役割を望みたい。

過去「郵政民営化」というキーワードで自民党が圧勝し、今度は「政権交代」というキーワードで民主党が圧勝した。
おそらく、この後しばらくは政権交代に伴う混乱が続くだろう。
キーワードに流されたようにみえる国民がどれだけこの混乱に我慢できるのか。
理由はどうあれ、自分たちが選んだ結果を受け止める覚悟が必要だ。
posted by K大 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31743100
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。