2009年07月26日

自民党・民主党・アンチ民放報道党

衆議院が解散され、事実上の選挙戦が始まっている。

今回の選挙は民主党が調子よくて、このままでは与野党逆転もありうる。
私は今のところ特定政党への支持を持っているわけではない「消極的無党派層」なので、事態の推移を眺めている。
ただ、自分の仕事が国の予算や関連政策に直結するので、そのあたりは興味深く観察しているつもり。

相も変わらずマスコミが一国の政治までバラエティ化してしまい、揚げ足取りと贔屓に躍起になっているせいで、自分で考えようという姿勢を少しでも崩すと、すぐにマスコミに洗脳されそうで怖い。
もちろん、すでに「自分の意見」には様々なもののバイアスがかかってしまっているわけではあるが。

最近、驚いたのが民主党の「ぶれ」
「民主のぶれ看過できない」 インド洋給油巡り社民党首
核持ち込みに関する日米密約を「やむを得なかったのではないか」と指摘した鳩山氏の発言に対しても「許せない発言だ。密約を肯定するなら、自民党とどこが違うのか」とあらためて不快感を示した。


民主党、対米姿勢を軟化 政権獲得の可能性を前に――フィナンシャル・タイムズ
日本の民主党の外交方針というのは曖昧で分かりにくいものばかりだったが、はっきりした立場をとることもたまにはあり、その数少ないひとつが、海上自衛隊がインド洋で米軍艦船に給油活動を行うのは「違憲」だと反対することだった。

民主党の政策綱領は曖昧なことで有名なのだが、この部分だけが珍しく明瞭だった。しかしいよいよ、世論調査によると民主党が自民党に対して歴史的な勝利を収めると見られている総選挙を数週間後に控えて、民主党はこの数少ないはっきりした部分さえ、ぼやかしてきた。


もともと寄り合い所帯と呼ばれる民主党ではあるが、いざ政権が近くなるとこれまでの安直な対応を現実的に戻す動きが出てきた。
また、相変わらず財源は棚上げにしたまま、耳障りのいい話ばかりを散発的に垂れ流している。
対欧米外交、対アジア外交、子ども手当、外国人参政権、農家への所得保障、郵政民営化見直し、公務員改革、最低賃金1000円化などなど、興味深い政策はたくさん発表している。
おそらく選挙が近くなってきたら、どこかのタイミングで財源も含めた今後の政策方針が示されると思われるので、注視したい。

こんなものを作って公開している場合ではないと思うが…。


さて、そんな(今のところ)後ろ盾のない張りぼて政策を発表している民主党に対し、自民党はまだ張りぼてすらはっきりとは示せていない。
まだ公示までも時間があるので、しっかり練ったものを出してもらうことを願うばかりだ。

それにしても…、と思わざるえない。
政策のぶれ、党首関係者の逮捕、説明責任を果たさぬままの党首交代、財源を示さぬままの実現性不透明な政策発表などを起こしてきた政党よりも、与党・自民党への風当たりが異常なまでに強いのはなぜなのか。
日本国として誰も避けようがなかった経済危機に対して、素人にはその善し悪しはわからずとも、考えられる対策を打ち、補正予算も成立させ、それなりに「がんばっている」と思うのだが…。

もちろん、社会は結果を問われることが多いので、それに対する批判があるのはわかるが、今のような批判が果たして妥当なのか。

【衆院解散】「麻生内閣は外交も内政も失政はない」と与謝野氏
また、麻生内閣の支持率が低いことには「外交、内政とも失政はない。麻生さんは善意の人だから、本人の問題ではなく、周りが補佐できていなかった。麻生さんは、人間的にはいい人間だと今でも思っている」と述べた。


麻生って外交も内政も失政はなかったのに何で叩かれてたの?
120 名前: イワカガミダマシ(山梨県)[] 投稿日:2009/07/21(火) 11:01:49.734pGBgO6S
麻生の功績ってたったこれだけじゃん
・IMFにおける日本の地位向上
・日印安保共同宣言に署名(日米印の連携強化)
・尖閣諸島に安保条約適用
・日韓首脳会談での「慰安婦謝罪要求放棄誓約」
・日中遺棄化学兵器処理問題終結(60兆円を死守)
・朝鮮総連傘下団体の多数摘発
・公務員OBの渡り禁止
・大陸棚拡張を国連に申請(海底資源権益)
・公益法人から1076億円を国庫に返納
・省庁の娯楽費廃止(557億円削減)
・障害福祉サービスへの報酬平均5.1%引き上げ
・改正不正競争防止法(産業スパイ取締)

137 名前: オオタチツボスミレ(関西)[] 投稿日:2009/07/21(火) 11:03:48.18Fz6ofpq5
麻生太郎とは総理就任早々拉致・核両問題で誠意を見せない北朝鮮への経済制裁を再発動させ、
さらには朝鮮総連関連施設へのガサ入れも安倍さんの遺志を継ぎ再開して、
韓国の圧力に屈さず「竹島は北方領土と同様に我が国固有の領土」と閣議決定させて、
日本の将来を担う子どもたちの教育の癌日教組と全面対決し、
選挙より日本国民の生活を第一に考え補正予算成立に全力を挙げて、
世界恐慌での銀行倒産を防ぐ金融機能強化法を民主党の反対のための反対に負けず成立させ、
さらには国民レベルのへの支援として定額給付金を給付して内需回復をはかり、
さらには高速道路料金の値段引き下げで国民を喜ばせ
韓国金融危機に対しての支援をIMFということを頑なに言い続け韓国を退けることに成功し、
同時にIMFへの増資で世界から大絶賛をうけ、
捻れ国会の主導権を握り、世界共通の的テロリストと戦うテロ特措法延長をあっさり成し遂げ、
さらには日本の石油の輸入ルートを守る海賊対策に力を要れ、
日印共同声明で自由と繁栄の弧を完成させて国益第一を貫き、
公務員・人事院の抵抗に負けず幹部公務員の人事を一元管理し、渡り原則禁止を貫き、
北朝鮮の脅しに屈せず、ミサイルを迎撃することをきっちり明言し、
スパイ防止法で外国への情報持ち出しを規制し
第2次補正予算でもエコポイントで国内の景気の底を打たせることに成功し、
全力で景気を上向きにしようと国民の生命と財産を守る総理。

170 名前: バーベナ(北海道)[] 投稿日:2009/07/21(火) 11:07:38.91TADcFMhZ
>>146
遅すぎ言うけど、民主が反対して足を引っ張ったせいもあるんだけどね。
「ばら撒き」だ何だと難癖つけて、自民のやる景気対策の全てに反対し、
その効果を薄くしたのは民主党を含む野党なんだよ。
国の緊急事態に国の足を引っ張る政党を応援する気には、俺はなれない。
でも民衆はそんなこと知らないからねえ…。


麻生太郎首相が行った失政はこんなにもある!
【国家を揺るがす深刻な失政とマスコミが報道するもの】

・漢字の読み間違い
・カップラーメンの価格間違い
・ホッケの煮付け
・ボールペンのキャップを口に咥えた
・ホテルのバーを利用した
・酒で酔っ払った大臣がいた
・顔に絆創膏を貼った大臣がいた
・給付金を貰うか貰わないかのブレ
・執拗なマスコミ叩き
・口が曲がっている



何か長くなったのでここらで独り言終了
上記を読み返すと、自民党支持者のような感じだが、そんなつもりはない。
間違いなく「アンチ民放報道」ではあるが。

というか、スポンサーの顔色を伺いつつ、低俗な情報を垂れ流す民放はバラエティだけやっていればよくて、報道はNHKに任せればいいと思うよ!
必要なのはキャスターやコメンテータ(専門家とは限らない)の感情にまかせた世論操作コメントではなくて、事実。
学校では「喫煙や飲酒が人生に及ぼす害」だけではなく、「民放が人生に及ぼす害」を教えればいい。
喫煙や飲酒で失う人生の時間より、ぼーっとテレビを見て失っていく人生の時間の方がおそらく長い。
posted by K大 at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30811133
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

政治と暮らし
Excerpt: いよいよ政権交代が現実味を帯びてきました。政治が変わることで我々の生活はどう変わるのか。身近な視点で日本の政治を見つめてみました。
Weblog: 日本のまつりごと
Tracked: 2009-07-30 16:01