2006年08月21日

母校の第30回定期演奏会 終わる(3/3)

今日は久しぶりの仕事.
これまでのように満員電車に揺られ,一日中PCに向かって仕事をして帰ってきた.
酷く疲れた気がするが,きっとまだ慣れていないからだろう.

今日のエントリは,CMIのOB活動について何となく考えてきたことをまとめてみた.
改めて読み直してみると,以前も同じような主張をしたことがある気がするのだが,書き直すのは面倒なのでそのまま掲載する.



★伝統なきCMI
それにしても,自分で自分を褒めたいぐらいによく働いた.
実際に行動する中でいくつかの問題が明らかになり,不手際で多くの人に迷惑をかけたが,それでも自分としては精一杯やったつもりだし,これ以上を求められても能力的に無理である.

もともとこれらの活動は,吹奏楽部と違い,OBがまとまって現役を支援する伝統がないCMIに,まずはOBが縦の連携を取り,自分がCMIのOBであることを自覚することによって,現部活への援助(主に定期演奏会関連の寄付・手伝いなど)をしてもらえるようにと始めたことである.
よって,始めは楽しい飲み会を企画し,交流のきっかけを作るだけでよかった.

しかし近年,定期演奏会において現役・OB合同ステージなるものが多く作られ,前段階の練習を含めたOBの直接的参加が求められるようになった.
これまでよりも多くのOBに,これまでよりも大きな負担を強いて,援助してもらわなければならない.
にも関わらず,CMIには積極的な情報発信の場もなかったし,OBの住所録は更新されないまま定期演奏会案内のお知らせが不着となるケースが増えてきた.
ゆえに,私と何人かのOBで,CMIのHPを立ち上げ,この定期演奏会では住所録更新に必要な情報を集めるための「調査票」を配った.

このような経緯の活動であるから,無償で自分の時間を提供し,自分の予定を空けて,必要な費用をすべて自腹で用意するのは当然のことである.
だがしかし,これらの活動に対する反応があまりに薄いと,こちらとしても張り合いがなくなる.
世のボランティアは,そこにいる人たちの喜ぶ姿に働く意欲を刺激されるという.
我々は何を労働意欲の糧として働けばよいだろうか.

今回の定期演奏会では,主に私とTMyamaさんとで計画を立て実行した.
しかし,来年はどうなるかわからない.
仕事が休めず,定期演奏会に行くことすらできないかもしれない.
そうしたときに,誰が代わって動いてくれるだろうか.

我々はこれらの仕事を,若い世代(OB1年生や2年生)に適度に割り振って,OB活動の文化をCMIに作りたいと考えている.
昨日のエントリにある私の動きは,すべての仕事を受け持ったが為に起こったことであり,しっかり役割分担すればそれほど大変な仕事ではないであろう.
何より,すでに定期演奏会での仕事は手探り段階を終え,決められた仕事をこなすだけなので,悩むこともないはずだ.

「卒業後少なくとも3年間は,OBとして現役生をしっかり支援する」というのは,私を含めて何人かのおっさんの共通認識である.
是非,現役生や若いOBには積極的に活動して頂き,その時の現役世代をもりたててもらいたい.

我々の活動は来年以降も続くであろう.
できれば遠くから「おっさんらが何かしよる」と傍観するのではなく,近寄って手伝って頂けるとありがたい.
我々の作業姿はちょっと近寄りがたい雰囲気を醸し出しているかもしれないが,実はいろんな世代のOBと仲良くなれたらいいなと考えている「軽いおっさん」なのだ.
近寄って手伝うまで行かずとも,何となく話しかけてくれるだけで,我々の働く意欲を刺激するであろう.

なお,HPを中心としたサーバー関係の仕事は,まだ毎年すべきことをかっちり決めていないので,引き続き私が受け持つ.
いずれはこの仕事も若い世代に移さなければならないのだが,それをするのはもう少し後のことになりそうだ.

さて,定期演奏会で集めた調査票をデーターベースに反映せねば….
posted by K大 at 21:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | 一高合唱部(CMI)
この記事へのコメント
私が思っていた以上に、見えないところでたくさん苦労をされていたことを知り、心苦しく思います。
もうしばらくお手伝いいただけるなら、次回からはOBの参加形態をどうするか、曲目や練習の設定をどうするかなど、スタート地点から話し合いを持って決めていく必要がありますね。
とにかく、色々お世話になり、どうもありがとうございました。
Posted by O山 at 2006年08月21日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1148318
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。