2006年08月20日

母校の第30回定期演奏会 終わる(2/3)

先日に続いて,二つめ.
今回は定期演奏会当日に関して,何をやっていたかを記録したい.


★定期演奏会当日
会場には14時過ぎに到着.
本番に聴けないかもしれないからと少し早めに行ったはずだが,結局ロビーでOB用のブースを作ったりしているうちに時間が過ぎて,ほとんど聴くことができなかった.
OBブース設営に関してはTMyamaさんと一緒に動いていたつもりだったが,振り返ってみれば先輩に任せた部分が多かったと思う.
お疲れ様でした > TMyamaさん

さて,いよいよ本番を迎えたわけだが,ちゃんと聴けたのは1部だけ.
一番聴きたかった2部は,ロビーのOBブースに誰もいないので,仕方なくそこに張り付く(実際はうろうろしていたが,さすがに放置したままホールには入れなかった).

で,当初の予定では2部と3部の休憩中に,演奏会後の懇親会会場を予約しに行くはずだったが,OBの皆が色々なところに散っていることもあって,まったく参加人数の概算がわからない.
男声は少し多く見積もって10人弱かと予想したが,女声に関しては情報0.
同期のT中さんにお願いして数えてもらったものの,彼女をもってしても概算はわからず.(お疲れ様でした > T中さん)
あるところからは「女声は4人」という驚くような報告があり,別のところからは「少なくても10人」という情報があるかと思うと,「20人は来ますよ」なんていう情報も集まってきて,一向に概算が求まらない.

そうこうしているうちに3部が始まるが,未だ人数決まらず.
「休憩時間中に人数を確定して予約に行く」という当初の予定は完全に崩れ,私が予約に向かっている途中に4部が始まってしまい,ステージに上がれず仕舞いという最悪のシナリオも頭によぎる.

これ以上何だかんだしても埒があかないので,えいやっと,20人と参加人数を定め,去年集まった店に走る.
こんなに走ったのはいつ以来か…,確かな記憶もないほど久しぶりに全力疾走.
店に着くも,店員が忙しそうでなかなか相手をしてもらえない.
いらいらしながら待っていると,やっと「21時以降なら順次席が空くので20人OK」との回答を得,ホールへ取って返す.

ホールに戻ってみると3部の3曲目らしい.
最後の1曲を演奏している間に向こうの袖に行って女声に懇親会参加をお願いしたり,息を整えたり,汗を拭いたりして,かつてないぐらい悪いコンディションで4部のステージへ.
止まらぬ汗を時々拭いながらも,自分なりにしっかり演奏して無事に終了.

その後の部長の挨拶やアンコールを聴く時間も体力的余裕もないまま,OBブースの移動や現役の動線確保などをしているうちにロビーは人で埋まる.
CD購入をいくつか受け付けたあとは,懇親会会場となる店と電話で交渉.
当初21時過ぎならOKとの約束は反故にされ,鍛冶屋町の店なら空いていると代案を提示される.
とはいえ,千原先生がいる以上,ホテルから遠い場所に変更するわけにはいかない.
粘り強く交渉して,順次空くであろう席に誘導してもらい,遅くとも22時には2階が空くとの方向で話をつける.

懇親会に行くOBを会場外に出してみると,予想を遙かに上回る人間が集まった.
ただでさえ席が確保できてないのに,予約の20人を大きく上回る人間がいる….
呼びかけに答えてくれたことは非常にうれしいことだが,席が確保できない.
途方に暮れながらも,店の「順次席が空きますから…」という言葉に一縷の望みを託して,OBを店に誘導する.

駐車場の車へ荷物を持って行って,店に向かってみると外に溢れているOBが駅前から見える.
さらに中からの報告で,さっぱり席が空かないで一部が店内,一部が外で待機中とのこと.
また,他の人間からはさっぱり店に入れないことに対する不満も,私の携帯に連絡が入る.
中にはせっかく集まってくれたのに,場所の確保が遅れそうなので帰宅する人もいて,手配している側としてはとても申し訳ない気持ちで一杯になる.

3部の全力疾走と4部出演によって,とうに過ぎていた体力的限界をここまで気力で補っていたが,駅前の椅子に腰を下ろして遠くの店外で待機しているOB達を眺めていたら,手配の不手際を申し訳なく思う気持ちとせっかくの夏休みに無利益の活動で疲れ果てている自分を客観視してしまい,その気力も尽きた.
そのまま腰を下ろして待っていたが,「遅くとも22時には空く」との約束はまたも反故にされたようで,一向に店外のOBが店に入らない.
店内からも2階の客が帰らないとかで,席が空かないと報告が入る.

22時を15分も過ぎた頃,向こうの道を歩くO山先生の姿が.
多分,ここで腰を上げなければこのまま帰るかもしれないと思うほど疲れ切っていた私は,どうにか重い腰を持ち上げて先生とともに店へ.
2230も過ぎてからやっと懇親会が始まり,私は1時間ぐらいで中座した.
あまりの疲れで津田までの運転は非常に眠く,自分でも危険を感じながら,何とか無事に帰宅した.


定期演奏会に参加したとはいえ,ほとんど演奏を聴くこともできず,疲れと不手際への反省ばかりが強く残る1日となった.
とりあえず,問題の懇親会対策として以下を行うことを決めた.
 ・定期演奏会に参加するOB(手伝いを含む)が懇親会への参加者の大部分を占めるので,前日までに参加人数概要を確定する.
 ・会場近くの店を前日までに予約する
 ・当日は来た人から順次注文し,懇親会を始めておく

「会計をどうするか」という問題が残っているが,これは持ち越し課題とする.

このような形で私の第30回定期演奏会は終わっていった.
posted by K大 at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一高合唱部(CMI)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1145623
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。