2006年07月27日

浅草・大多福

先日,浅草のおでん屋へご飯を食べに行った.
おでんなんて,香川ではうどんのお供に食べる印象しかないが,専門店の味とはどんなものだろうか.
そんな期待をふくらませながら店へ.



浅草・大多福

浅草・大多福外観1




浅草・大多福

浅草・大多福外観2



入り口は提灯がぶら下がって,きれいに緑が手入れされていて,料亭のようだ.
店に至るまでの周りの景色と,敷地に一歩は行ったときのギャップに驚かされる.



浅草・大多福

浅草・大多福店内



店内は懐かしい古めかしい感じで,カウンター席と座敷席がある.
入り口で想像したよりも広い.




浅草・大多福

浅草・大多福・お通し


ビールを飲みながら,お通しを食す.
よく味がしみていて,非常に美味しい.



浅草・大多福

浅草・大多福・おでん


牛すじなどを食べながら,メインのおでんがやってくるのを待つ.
どの食事もとても美味しい.

おでんは注文しただけが,上記のような四角い入れ物でやってくる.
おでんのタネは豊富で,中には鯨の舌(なんて名前か忘れた)という貴重なものもあり(おでんなのに値段は時価),どれも美味しそうだ.私は定番の大根や卵を食べたのだが,このような煮込んで味をしみさせるものは,今まで見たことがないくらい色が変わって,味がしみていることを主張している.
飴色の大根なんて初めて見た.

味は基本的に上品で,薄味.
これにからしをつけながら食べる.

本当に美味しく,また来たいと思わせる味であったが,残念なのは値が張ること.
満腹までいかずに,軽く食べるだけでも,1人5000円の予算は必要であろう.
お金の余裕があるときに接客で使う店として,頭の中に登録しておこう.
posted by K大 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事を楽しむ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1039096
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。