2006年07月23日

うどん・かるかや

昨日はこのブログのセットアップなどで,午前4時過ぎまで起きていた.
久しぶりの夜更かしだったが,体はしっかりついてきてくれて,作業を終わらせることができた.

適度に曇った東京.
湿度はそれなりにあるものの,温度が比較的低いため,過ごしやすい一日だった.

今日は少し遅くまで寝て,昼過ぎから池袋へ.
他に用事があったのだが,それに加えて,ひとつ気になっていた情報があったのだ.
なんでも池袋・西武百貨店の屋上には,なかなかにおいしいうどん屋があるという話を聞いていたのだ.
さっそく,行ってみる.

池袋・かるかや

池袋・かるかや


店の名前は『かるかや』
屋上の屋根なしのスペースに,たこ焼きやらラーメンやらのプレハブ店舗の並びにある.
それなりに有名なのか,注文から食べて片づけるまでの間,お客が途切れたことがなかった.
新鮮なうどんが食べられるのはいいことだ.

値段は東京にしては安い.
300円からで,高くても600まで.
大盛りは50円で本当に多くて好評だったようだが,すでにやめてしまったようだ.

ネットの情報によると,店主は九州出身.
東京の讃岐うどんに魅了され,そこで1年間修行.
つまり,本場讃岐では修行していないらしい.

メニューはオーソドックスなものから,季節限定・納豆うどんなんてものまである.
さぬきうどんというのがあったから,素うどんのことかと思っていたら,どうやら一日10〜30食の限定メニューらしい.
どういうことかと,お店のおばちゃんに聞いてみると,だし取りに使った質のよい昆布をトッピングとして使うため,限定になるとか.

とりあえず,ぐでぐでの麺だと困るのでざるを1つと,かけにトッピングがいろいろ乗ったかるかやうどんなるものを注文.
まず,麺.
見た目は,非常に堅そうな印象を受ける.
角が立っているのはいいが,コシのない,もろそうな麺.
食べてみると…,予想通り.
コシはない.
ぬめりもないため,すするというより,口に押し込んでもぐもぐする感じ.
しかも,ぶちぶち切れる.

次に,だし.
実は私は讃岐うどんの本質は,麺ではなく,いりこによるだしにあるのではないかと思っている.
これが東京では非常に少なくて,いつもはがゆい思いをしていた.
ここ,かるかやでは,昆布やいりこをしっかり使っているため,だしの味はなかなか.
かけベースのかるかやうどんは,どこか連絡船のうどんを思い出す味だった.
ざるの濃いつけだしも,まあまあの味.

総合して麺は,だしは
70点ぐらいか.
posted by K大 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事を楽しむ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1017499
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。