2006年03月18日

強行帰省

先日のエントリからしばらく経ったが,皆さんいかがお過ごしか.
私は先日のエントリの翌日は研究室の追いコンであった.
料理の量は少なめだが,お酒がとってもおいしい店で飲み放題プランだったので,私は大満足だった.
幹事をしてくれた後輩に感謝.

で,帰り際,一緒に歩いていた助教授に英語の論文が無理であることを伝えてみた.

結果…,
励ましの言葉をもらった
英語で思考するには20年かかることを教えられた
…,以上.

結局何一つ進展せぬまま,追いコンは終わった.
正直,今の修了生(M2)達は一部を除いて皆,論文を抱えているため,追いコンだというのにどこか気が晴れない.
みんなで抱えている仕事を慰め合いながら,帰宅した.

その翌日,引っ越しの見積もりやら何やらをいろいろやっていた.
すべての仕事が一段落してから実家に帰って用事を済ませようと思っていたのだが,冷静に必要時間を計算してみると絶対に実家に帰れない結論を得たので,研究室の誰にも予告しないまま金曜日の夜に実家へ強行帰省.
英語論文はとりあえず持って帰ってきたものの,あまりやる時間もない.

当然,またすぐに名古屋に戻る必要があるが,今は辛いことを忘れてうどんを食べたい気持ちでいっぱいである.
posted by K大 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 研究生活
この記事へのコメント
こんにちは。
とってもお忙しいみたいですね。
どうぞ、体にはお気をつけ下さいね。
私のまわりに無理をしすぎて倒れた人がいるので、
最近、特に気をつけないといけないなって思うんです…。
うどんを食べて、力つけて帰ってくださいね。
Posted by Altoの下のほうのひと at 2006年03月19日 14:03
コメントありがとうございます.
忙しい&一人暮らしだと,食事を用意する時間などを削ってしまうため,どうしても食生活が不規則になりがち,栄養も偏りがちです.
おかげで,体の衰えと各所の緩みを存分に感じながら日々生活しております.
実家で栄養をつけて,もう一頑張りし,次なる舞台へ向かおうと思います.
Posted by K大 at 2006年03月19日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1012557
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。