2006年02月23日

キタ━━━━...(ノ ゚Д゚)ノ━━━━!!_| ̄|○

ついに来た.
研究室生活最後ぐらい何物にも縛られることのない,自他共に認められるようなだらけた院生を体験してみたかったのに….

数日前から不穏な動きは感じていた.
助教授や助手の何気ない言葉の端々に,『ろんぶん』の4文字の出現頻度が増えてきたような気がしていた.

それは一瞬だった.
ちょっと用事で席を外しているうちに,助手から助教授へ,助教授から助手へ,メールが飛び交う.
席に戻ったときには,数件のメール受信と共に,めでたく2件の論文投稿が決定されていた.

しかも,英語.(゜Д゜ )

もう驚くしかない.
日本語なら,修論を適度に圧縮して書くことも出来ようと感じていたのだが,まさか英語とは….

どうせほとんどの部分が書き直されるに決まっているのに,助教授は笑顔で
「まあ,書いてみなさい.後でチェックするから」
とだけ,私に告げ,自分の部屋へ戻っていった.

助教授は本当に優しい.
まるで,鬼のようだ. ( ̄。 ̄ )

全部,エキサイト翻訳にでも通してそのまま提出してやろうかしら…?
posted by K大 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 研究生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1011481
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。