2006年02月03日

気の毒なセールスマン

昨晩はついに明け方まで作業を続けてしまい,帰って寝ようと思ったときには外が明るかった.
当然,午前中に起きられるはずもなく,昼過ぎまで爆睡.
私の記憶が確かならば,目覚ましと携帯アラームが鳴ったような気がするのだが,さっと止めて眠りに落ちる.

と,昼過ぎに電話が入る.
寝ぼけて電話を取ると,気持ち悪いぐらい上品な男性の声.
ソフトバンクのADSL勧誘だった.

初め,5分ぐらいは頭がぼーっとしたまま,「はあ…」なんて聞いていたが,よく考えるまでもなく,うちには既に2回線(OCN.ADSL,USEN.光)もネット回線が引かれているのだ.
相手の話がとぎれるのを待ってそういう事情を説明するも,なおも食い下がってくるセールスマン.

値段もUSENの光の方が(もしちゃんと払っても)安いし,基地局から少し離れているうちでは50M・ADSLでたいした速度が出るわけがない.
どう考えても,ソフトバンクに私の家のシェアを奪うだけの魅力はない.
にも関わらず,「とりあえず試してください」と引かないセールスマン.

3月で退去する旨を伝えると,さっとセールストークをやめた.
いつまでもしつこいセールスマンに少々あきれていたが,あれだけ価格・環境において他社に負けているというのに,それを解消する案も他のセールスポイントも説明しないまま「試してください」を連呼する彼.
段々かわいそうになってきて,電話を切ったときには少々気の毒に感じてしまった.

ただ,なぜか「よし!私はがんばろう!」と,ベッドから飛び起きて研究室へ向かった私.
うーん,今 考え直してもなんで「がんばろう!」と思えたかがわからん….
とりあえず,たった10分ちょっとで起きがけのやる気を引き出してくれたセールスマンに感謝.
posted by K大 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1011468
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。