2011年11月12日

Tangible User InterfaceとipadとX-info Table

リフレッシュ休暇は結局のところ部屋の片付けで終わってしまった。
何かに邪魔されることなく片付けに専念した結果、かなりのものを整理し捨てることができた。
年度末には引っ越しも予定しているし、ある意味よい休暇の使い方だったと思う。
ただ考えていた休暇の使い方とは違っていて、まるで夏休みを終えた受験生のようにちょっと不満は残るが。

片付けをしながらこれまでHDDレコーダーに記録していたテレビ番組を見ていた。
その中でITホワイトボックスを再生していたところ「Tangible User Interface」の放送があった。

Tangible User Interfaceとはユーザーインタフェースの考え方の一つで、少し古い記事ながら下記が参考になる。
実体を持つデバイスに物理的に触れることにより、操作を直感的に知覚できるインターフェイス。TUI は、CUI と GUI によってモニターの中に追いやられてしまった操作感を、もう一度人間の手に還元しようとしている。その原点はそろばんであり、自動車のステアリングなども TUI の一例だ。自動車の場合、ステアリングのきり具合が車の曲がり方にダイレクトに反映し、それが直感的な操作性を実現している。これをいかに IT 分野に応用するか、研究が進められている。
→実体を持つ次世代インターフェイス、「Tangible User Interface」


つまり文字だけのインタフェースだったCUI、現在主流のマウスを使って操作するGUIの次にあるインタフェースとして、TUIが提唱されている。
番組ではこれを推進しているMITの石井教授をゲストに話を進めていた。

ネットで検索してみるとMITのページに様々な形のTUI研究結果がmovieとして公開されている。
 Tangible Media Group - Projects
また、NTTコムウェアによる製品化事例も見つけることができる。
 タンジブル防災シミュレータ


>>> 続きを読む
posted by K大 at 15:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | ネット生活