2010年01月20日

【読了】確率の理解を探る〜3囚人問題とその周辺〜【三】

ゲーム理論の本を読んでいると必ず「囚人のジレンマ」という話が出てくる。
詳細な解説はWikipediaに詳しいが、私が過去に読んだ本の中でこの問題に関連して紹介されていた参考書籍が本書。
比較的学術的(共立出版で日本認知科学会編)な本なので、出回る量も少なく、よって値段も比較的高め。
個人で買うのはためらっていたが、会社のライブラリで検索したら偶然にも存在したので借り受け、読了した。

まずはAmazonから目次引用。
第1部 3囚人問題とその背景
 ・条件つき確率とベイズの定理
 ・3囚人問題とは
 ・分析と実験の始まり
第2部 3囚人問題をめぐる数理と心理
 ・事後確率はどう振舞うか
 ・3囚人問題はなぜ難しいか
 ・納得の方略をめぐって
第3部 3囚人問題を超えて
 ・事後確率を推定するプロセス
 ・問題理解における形式的表現と日常的行為
 ・同型図式による問題の理解と解決


本書のテーマはタイトル通り、3囚人問題とその変形版が中心となる。
同型の問題として「3ドア問題」とか「モンティ・ホール問題」と呼ばれることもあるこれらもまたWikipediaに詳しい(Wikipediaってすごいねー)。

問題は次のようなものだ。


>>> 続きを読む
posted by K大 at 22:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本を楽しむ