2010年01月04日

【読了】問題プロジェクトの火消し術【五】

今更のことながら、システムを作るというのは非常に難しいことを日々実感しながら仕事をしている。
ここ1ヶ月ぐらいの間で、何人かの友人とも話をしたが、やはり現実の物をあっちこっちすることが仕事の「建築」や「運輸」と違って、目に見えないものを作り出すシステムはその特性が異なる。
もちろん、どちらが難しいというのではなくて。

まだまだ経験の浅い自分ではあるが、それでも仕事を進める中で思うことは色々とある。
・プロジェクト運営をどのようにすればより効率よく仕事を進めることができるのか。
・要員のモチベーションを高く保つためには何に気をつけて作業指示するべきか。
・会社間のいざこざをどのように収めるべきか。
・上の方の人が言うことと、現場の人間の意識のギャップをどのように折り合いつけるか。
・監査人への報告をどのように手間かけずに行うか。
・ユーザとの調整を滞りなく行うには、どのように話を持って行くべきか。
etc...
おそらくこの難しさは、一つとして同じプロジェクト運営がないこと、属人的な部分が大きいこと、よって「これに従えばよい」というマニュアル的なものがなかなか整備しにくい、または過去の経験がそのまま生かせないことにある。

そんな中、前々から積ん読状態であった本書に年末年始休みを利用して手をつけた。
本書はいわゆる「炎上」状態に陥ったプロジェクトをリカバリする課程を追いながら、その手順解説を行っている。
著者は「長尾清一」氏。本の裏書きを見ると、米国で大規模プロジェクトの指揮・監督に携わり、現在は研修やコンサルティングを行われているようだ。


>>> 続きを読む
posted by K大 at 16:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本を楽しむ