2009年12月30日

【読了】シャドー81【四】

本書は昭和52年(1977年)発行であり、かなり古い。
さすがのamazonをみても新品はなく、中古品のみ。
と思ったら、ちょっと高くなってはいるが新装版が発売された模様。
このサイトでお勧めとあったので、何かのついでに中古を買い、積ん読状態であった。

一冊で440ページほどだが、昨今のたるい小説本と異なり、結構文字が小さく、読み応えがある。
amazonからの作品紹介から引用。

ロサンゼルスからハワイに向かう747ジャンボ旅客機が無線で驚くべき通告を受けた。たった今、この旅客機が乗っ取られたというのだ。犯人は最新鋭戦闘爆撃機のパイロット。だがその機は旅客機の死角に入り、決して姿を見せなかった。犯人は二百余名の人命と引き換えに巨額の金塊を要求、地上にいる仲間と連携し、政府や軍、FBIを翻弄する。斬新な犯人像と、周到にして大胆な計画―冒険小説に新たな地平を切り拓いた名作。



一見ミステリーのようだが、そうでもない。
第1部で事件の準備段階が語られ、第2部で事件が起き、第3部でその後がまとめられる。
途中、詳細だけど大事なところを黙したストーリーが描かれ、最後にそれらがつなぎ合わされて、全体として一枚の絵になるような感じ。
この小説がすごいのはこの第1部で、多少ご都合主義もあるものの基本的によく考えられた作りになっている。
伏線の匂いも至る所にちりばめられ、それらが後できっちり効いてくる。


ストーリーの垂直離着陸機をうまく使った事件。
最初こそ悪い人間が事件をたくらみ、正義の人間がうまく解決するのかと思っていたが、そうでもなく、途中からは事件を企んでいる側を応援したくなるようなストーリー構成だった。

面白い小説には違いない。
ただ、特にこの話から得られる示唆はなく、純粋な娯楽読み物である。
それが普通と言われればそうだろうが、少し物足りない。

この話にはもう少し後日談が続きそうな気がする。
この「あと少し読みたい」と思わせる終わりかたもこの小説の魅力を増しているのだろう。




posted by K大 at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本を楽しむ