2009年11月19日

【読了】週末のフール【四】

一時期、どの書店でもランキング上位に紹介されていた本書。
普段あまり小説は読まないが、話題の本だし、作者は村上春樹の信奉者だというし、会社の同僚が好きな作家として挙げていたし…、などなどの理由で購入してみた。

Amazonから内容紹介転記。
八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。


本書に収められているのは、「小説すばる」に2004年2月から2005年11月まで、計8回掲載された短編の集まりである。
順番に収録されているので、前の話で出てきた人や事件が次の短編で少し触れられたり、かすったりして、一つの団地を舞台に、時間が経過しながら、小説の中の世界が進んでいく様子を読者に意識させる。そして、それはすなわち小説世界の破滅までの時間が刻一刻と近づきながら、それでも日々の生活を送る人々を強く印象づける。


>>> 続きを読む
posted by K大 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本を楽しむ