2009年11月09日

【読了】Subversion実践入門【五】

会社での私の役割の一つに「システム開発環境を整える」という、いわゆる「雑用」とか「共通作業」と呼ばれる仕事がある。
システム開発の規模は千差万別なわけだが、比較的小さなPJ(受注数億円ぐらい)だと、そういう「プログラマがシステムを構築する以外の作業をする専門部隊」を設けるほど人員の余裕がない。
そこで何でも屋にならざるを得ない発注側の下っ端がその役割を負うわけだ。

そんなPJの「共通作業」の一つに、プログラマと密接に関わって大切な作業となるのが構成管理。
要は多数の人が共通の成果物を更新しながら作り上げていくシステム開発において、何が最新なのか、今システムとして動いているのはどのバージョンの物なのか、きっちり管理する必要がある。
この分野は非常に奥が深くて、それを専門とする学問分野が一つあるほどだ。

ここで重要な役割を果たすのが、構成管理ツール。
PJによってどれを選択するかは千差万別で、私の周りのPJを見渡すだけでも、CVS、VSS、StarTeam、Subversionなどがある。
# こういうものはPJ横断的に共通化してノウハウを共有した方が全体として効率が上がると思うのだが、それはまた別の話。

前置きが長くなったが、そんな構成管理ツールとして、現在メジャーなSubversionを解説したのが本書。



>>> 続きを読む
posted by K大 at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本を楽しむ