2009年09月26日

【読了】日本語が亡びるとき【五】

「日本語が亡びるとき」という本が一時期、ネット上で話題になった。
なぜ話題になったのか、どういうポイントが受け入れられたのか。
書評をよく読むこともなく、いまいちはっきりしないまま、他の本を購入するついでに目についたので取り寄せてみた。

この本を読む前に、私は寡聞にして「水村美苗」という小説家を知らなかったし、この方が何を意図してこの本を著したのかも知らなかった。
ただ、そのタイトルと副題「英語の世紀の中で」という言葉とネットで評判になったという事実から、ぼんやりと「ああ、インターネット上での統一言語が英語となって、日本語が危ない」という話か、それとも「昨今の日本語の乱れが…」という内容かと勝手に思いこんでいたような覚えがある。

ページをめくってみてまず目に飛び込んできたのは、夏目漱石『三四郎』の一文。(これは本文中にも指摘がある、主人公が上京する列車の中で広田先生と話す場面である)
「然し是からは日本も段々発展するでせう」と弁護した。
すると、かの男は、すましたもので、
「亡びるね」と云つた。


>>> 続きを読む
posted by K大 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本を楽しむ