2009年08月30日

民主党圧勝

開票はまだまだ進んでいるが、民主党が圧勝したのは確実な模様。
自民党の大物議員が、ばたばたと小選挙区で敗北している様がテレビで報じられている。

民主党のマニフェストは、子ども支援や農業支援などの内側ばらまき政策ばかりで、最長4年にわたる政権を用いて、国家の経済成長戦略や国際社会での日本の立ち位置としてどのような未来像を描いているのかが見えにくく、不安を感じる。

ただ、どんな組織も滞ると腐る。
自民党を中心とした政府も数十年間同じ体制が続き、各所でよどみが発生しているのだろう。
民主党には歴史的な転回点として、これまでタブーとして手をつけられていなかった部分に大胆に手を入れ、ドラスティックに政治を変えていってもらいたいものだ。

今回の選挙は、決して民主党を支持したのではなく、自民党の自爆と避けようのない国際的金融不況からきた「反自民党・反政府主義」が今回の選挙結果として現れたのではないかと感じられる。
民主党にはせっかく訪れたチャンスをしっかり活用して欲しいし、自民党には内部自浄としっかりした野党としての役割を果たして欲しい。

民主党は予算の組み替えで財政の無駄遣いを減らすつもりでいるようだが、霞ヶ関では来年度の予算はすでにがちがちに組まれている。
仕事柄、省庁のほんの一部の予算組みを小耳に挟むことがあるが、政権が変わらないうちに、といろいろな縛りを今年のうちに組み込んでいたようだ。
また、民主党は今回の選挙で各方面への甘いえさをばらまいていることもあり、これからの舵取りは難しそうだが、是非がんばって欲しいものだ。
「友愛」とやらも大いに結構だが、甘いえさの代償を借金で先送りし、次の世代に負担させることだけはやめてほしい。


>>> 続きを読む
posted by K大 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感