2009年07月29日

人生2番目の…

先日、朝、会社に行くと隣の上司が飴をくれるという。

半年ぐらい前から何となく始まった習慣で、
買ってきた飴やらお菓子やらをお互いに少しずつやりとりしながら、楽しくコミュニケーションをとっているわけではあるが、朝一番から飴をくれるというのはどうも怪しい。
しかも、飴はティッシュの上にいくつか置かれている状態で、銘柄すら教えようとはしない。

まあ、毒ではなかろうとお礼を言って口に放り込んだところ、何とも言えないやな味が。
「どう?どう?」と楽しそうに聞く上司に「まずいです」と答える。

「やっぱり」などと言いながら、種明かしとしてパッケージを出してきた。
豚骨ラーメンドロップ
豚骨ラーメンドロップ


別におみやげでも何でもなく、近所のららぽーとに売っていたらしいのだが、何とも形容しがたいまずさ。
味は少し甘めなのだが、鼻につく香りはネギの混じった油のきついにおい。
ドロップの色が白色だったことも相まって、個体の油をなめているような、朝にはもっとも似合わないであろう味。

生きている中で食べた数々の飴のうち、一番まずかったのは大学時工場実習でJASに行ったときに食べた「ドリアンキャンディー」
今回はそこまで行かずとも、それに次ぐまずさだった。

私の反応は上司の満足行くものだったようで、気をよくしたのか、周りの人たちに次々に飴を配っていって、皆気分を悪くしていた。
ちなみに私は最後までがんばってなめていたのだが、最後の最後の中心部分にそれまでとは打って変わってさわやかな味が配置されていて、製造者の良心がかいま見え、ぎりぎりのところで人間不信から私を救ってくれた。

ちなみによくよく観察していると配っている上司だけが食べていなかったので、無理矢理食べさせたらものの10秒ではき出していた。
次は「ミミガードロップ」を買ってくると言っていたが、また一番の試食は私なんだろうなぁ…orz
posted by K大 at 22:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日々雑感