2009年07月20日

【読了】もっとも美しい数学 ゲーム理論【弐】

最近読んだ本の記録。

Amazonより
自分の利益を最大にするには、どう行動すればいい?「ゲーム理論」がその答を教えてくれる。アダム・スミス、フォン・ノイマン、ジョン・ナッシュ…科学の歴史を彩る天才たちがかたちづくった「ゲーム理論」は、先端科学と結びつき、彼らの予想を上回る成果を生み出した―。自分以外の人々はどう行動するのか。世界は将来、どうなっていくのか。人類がずっと夢見てきた難問を解く「もっとも美しい数学」。その歩みと可能性が一冊でわかる平易でスリリングな快著。

第1章 アダム・スミスの「手」―経済と科学の融合
第2章 フォン・ノイマンの「ゲーム」―ゲーム理論の誕生
第3章 ジョン・ナッシュの「均衡」―ゲーム理論の基礎
第4章 メイナード・スミスの「戦略」―生物学とゲーム理論
第5章 ジークムント・フロイトの「夢」―脳神経学とゲーム理論
第6章 ハリ・セルダンの「解」―人類学とゲーム理論
第7章 ケトレーの「統計」、マクスウェルの「分子」―社会物理学の誕生
第8章 ケヴィン・ベーコンの「つながり」―ネットワークとゲーム理論
第9章 アイザック・アシモフの「ヴィジョン」―社会物理学とゲーム理論
第10章 デイヴィッド・マイヤーの「コイン」―量子力学とゲーム理論
第11章 ブレーズ・パスカルの「賭け」―確率論、統計力学とゲーム理論


Amazonのレビュアーによると、非常に評価が高い本書。
ただ、私が断片的な時間で読んでいったからか、それとも読解力が低いせいか、それほどの内容を感じなかった。

確かにゲーム理論について、その基本となる応用分野・経済学を超えて、目次にあるように生物学・脳神経学・人類学から果ては量子力学に至るまで、その応用分野が広がっているという大きな流れは理解できた。

>>> 続きを読む
posted by K大 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本を楽しむ