2008年11月22日

オペラ「蝶々夫人」(アルファあなぶきホール『香川県県民ホール』)

先週末は実家・香川へ帰省していた。
目的は3つ。
 ・実家のPCが壊れたので修理
 ・祖父の調子があまりよくないので様子見
 ・オペラ鑑賞

先週金曜日と今週月曜日に有給休暇を設定、4連休で香川に向かう。

忙しく、また風邪をひきながらも何とか目的は達成した。
プライベートなことは置いといて、オペラ鑑賞について記録しておく。

題目は「蝶々夫人」。
もともと「香川県県民ホール」と呼ばれていた「アルファあなぶきホール」にて、香川県県民ホール開館20周年記念として公演された。(公式ページ

公演は11月15日・16日。
15日の蝶々夫人役は林康子の弟子で小学校時代からの幼なじみであるが、いろいろな事情(時間がなかったことが大きい)で観に行くことはできず、16日の日本が誇るプリマドンナ・林康子が蝶々夫人を演じる公演のチケットを母の分と2枚とった。

林康子は知る人ぞ知るプリマドンナで、Wikipediaにも短いながら記事が作られるほどの人物だ。
香川県県民ホールとしては20年前の開館時にもこけら落としとして、林康子が蝶々夫人を演じているらしい。

林康子とは高校生の時に国民文化祭の舞台で一緒に立ったことがある(ほとんど姿は見えなかったが…(^^;))。
何となく懐かしく感じながらも、香川県県民ホールへ車で向かった。

>>> 続きを読む
posted by K大 at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 各種鑑賞