2008年11月22日

オペラ「蝶々夫人」(アルファあなぶきホール『香川県県民ホール』)

先週末は実家・香川へ帰省していた。
目的は3つ。
 ・実家のPCが壊れたので修理
 ・祖父の調子があまりよくないので様子見
 ・オペラ鑑賞

先週金曜日と今週月曜日に有給休暇を設定、4連休で香川に向かう。

忙しく、また風邪をひきながらも何とか目的は達成した。
プライベートなことは置いといて、オペラ鑑賞について記録しておく。

題目は「蝶々夫人」。
もともと「香川県県民ホール」と呼ばれていた「アルファあなぶきホール」にて、香川県県民ホール開館20周年記念として公演された。(公式ページ

公演は11月15日・16日。
15日の蝶々夫人役は林康子の弟子で小学校時代からの幼なじみであるが、いろいろな事情(時間がなかったことが大きい)で観に行くことはできず、16日の日本が誇るプリマドンナ・林康子が蝶々夫人を演じる公演のチケットを母の分と2枚とった。

林康子は知る人ぞ知るプリマドンナで、Wikipediaにも短いながら記事が作られるほどの人物だ。
香川県県民ホールとしては20年前の開館時にもこけら落としとして、林康子が蝶々夫人を演じているらしい。

林康子とは高校生の時に国民文化祭の舞台で一緒に立ったことがある(ほとんど姿は見えなかったが…(^^;))。
何となく懐かしく感じながらも、香川県県民ホールへ車で向かった。

>>> 続きを読む
posted by K大 at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 各種鑑賞

2008年11月09日

負けても楽しい

日本シリーズが終了。
奇蹟のリーグ優勝を果たした巨人は、残念ながら西武に敗れてしまった。

 西武、4年ぶり日本一=巨人に4勝3敗−プロ野球・日本シリーズ

まあ、残念ではある。
先に王手をかけたときにはこのまま行くかと思ったが…。

それでも今回の日本シリーズは第7戦までもつれ、また試合内容もはらはらするようなものが多く満足。
結果はともかく野球というスポーツを存分に楽しませてくれた。

今日の第7戦で私が見ているときは短かったのに、その間に逆転されるというショックなことがあって、今後トラウマ化しそう。

それにしても、今回は出場チームが東京と埼玉だったので、盛り上がっているのは関東のこのあたりだけだったかな。
posted by K大 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2008年11月07日

色彩が及ぼす時間的効果

KIX-ドナルド


この前、雑談で聞いた話。

>> 寒色系の色は同じ時間を短く感じさせる。
>> 暖色系の色は同じ時間を長く感じさせる。

マクドナルドの壁の色は赤色が多用されている。
ファストフード店としては食べ終わった客には一刻も早く出て行ってほしいので、少しの時間でも長くいたようにみせたいがために暖色系の色を使っているとか…。

自宅において、勉強など長く集中した方がいいような作業部屋には時間の長さを感じさせない寒色系のインテリア。
睡眠など少しの時間でも長く感じさせていたいような部屋には暖色系のインテリア。
それぞれ意識して用意すると、無意識下で効果がじわじわあるかもしれない。
変に意識すると単純にプラシーボ効果が起こるだけかもしれないが。
posted by K大 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2008年11月06日

次の『携帯電話』は?(2/2)

昨日の続き。
引き続きGigazineより引用。


その8:Googleの提供するデスクトップ向けOS
2011年頃、安いハードで安いOS載せのPCを発表するか。
Googleの快進撃はいつまで、どこまで続くのか。
第2のGoogleは現れるか。

その9:ジェスチャーベースのリモートコントロールシステム
映画「マイノリティ・リポート」のような、画面の前で腕をぶんぶん動かしてPCを操作する時代が来るか。
作業するごとになんか疲れそう。_| ̄|○"ハァハァ
東芝が世界のパイオニア。
2012年頃から市場に出回るか。

その10:双方向配信プラットフォーム「tru2way」の出現によるテレビビジネスの単純化
まだ地デジ移行がなされていないので実感がないが、地デジになるとダビング等が自由にできない。
そこを何とかするのか?
ちょっとよくわからん。

その11:デジタル著作権管理(DRM)の終焉
DRMによるコピー規制やコピー禁止フォーマットを作ってきたが、ことごとく突破された。
正直者が馬鹿をみる世界になっているので、いっそのことやめてしまおうということか。
2020年頃にはなくなる?
コンテンツビジネスのやり方をがらっと変えないと生き残れない。
テレビが淘汰される時代が来るか?

その12:あらゆる携帯電話があらゆる通信キャリアで自由に利用できるようになる
方式さえあっていれば、海外に行っても同じように自分の携帯が使える。
国内でも「auだから電波が入らない」などということがなくなるか。
2010年にはオープンなネットワークが実現されるか。

その13:タッチパネルやマルチタッチといったタッチ方式のインターフェース
iPhoneなどに代表されるタッチパネル方式が当たり前になる。
2013年頃には主流に?

その14:携帯電話が紙幣の代わりに
今でも日本の携帯はお金代わりになっているが、これが世界的に広がるということ。
しかし、携帯電話は簡単に壊れるし、電池次第だから、クレジットカードを凌駕することはあるのかしら。

その15:高品質のGPS対応サービス
携帯電話への実装がより高度化。
道に悩むという経験は、「恋人の家に電話をしたら父親が出た」と同じぐらい希有なものになるか。
地図を読むという必要がなくなるね。

以上。
5年後ぐらいに実際どうなっているのか確認するのも面白そう。
posted by K大 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2008年11月05日

次の『携帯電話』は?(1/2)

田舎の学生が携帯電話(PHS)を持ち始めたのは、私が高校2年の頃だった。
それまではポケベル文化で、皆高校の公衆電話に並び、タッチタイピング顔負けの速度で『バチ!バチ!』言わせながら、簡単なメッセージを送りあっていたものだ。

携帯電話の普及は明らかに人の生活を変えた。
今でも技術は日々進化し続けているが、次の「携帯電話」は何になるのか、Gigazineから引用しながら、簡単に、実現時期に焦点を当てて。
詳しくはGigazineへ。

 あらゆるものを変える可能性のある知っておくべき15個の最新テクノロジー

その1:第4の回路素子「memristor」
抵抗器、誘導子、コンデンサーに次ぐ、電子回路の基本構成要素。
現行のメモリより安く、早く、高密度になり、2014年から2016年の間にPCのメモリを置き換え、2036年頃にはこれでPCが作られるとか。
そうなると瞬時に起動と終了が可能なパソコンを作ることが可能になるらしいが、その頃まで生きてられるかな。

その2:IntelとAMDから32コアのCPU
今は2個(デュアル)や4個(クアッド)で「すげー」と言っているわけだが、それが2014年頃に32コアになるとか。
そんなに能力あげて何を処理しようというのか、と思っていたら次。

その3:グラフィックボードの終焉、GPUとの統合
つまり、CPUのコア数を増やして、その一部をグラフィックを描画する能力に使おうということか。
確かに今のPCには、CPUとGPUという2つのエンジンが載っているのでこれを効率的にシェアする1つのものができるといいかも。
2009年頃かららしい。

その4:USB 3.0登場によるさらなる外付けデバイスの高速化
早くなるのはいいことだ。
特にUSBはもっとも普及しているし、下位互換が保たれた状態で速度が上がっていくのは利用者としてもありがたい。
現行の480メガビット/秒→4800メガビット/秒へ。
CD1枚まるごとを1秒で転送できるぐらいの速度。
ということはDVDまるごと1枚でも10秒程度ということね。
2010年頃から。

その5:ワイヤレス電源
電源コードが不要に。
これはシステム構築している者としては早く実用化してほしい。
PCやらサーバやらが密集しているととかくコードだらけになって、整理が大変。
しかし、エネルギーをワイヤレスでとばすというのは少し怖い気もする。
これがうまくいくと、宇宙に太陽電池パネル衛星を打ち上げて地球上に送電というシムシティ的なこと(マイクロウェーブ発電)も可能になるか。
2016年頃にはノートPCに実装?

その6:64ビットコンピューティングの普及によってより多くのメモリを搭載
現在、一般のPCはほとんどが32ビット。
これだとメモリが3GBちょっとしか使えないため、64ビットへ移行する。
次次期のWindowsOSにて32ビットは消えていくか。
早くても2013年頃。

その7:「Windows 7」の登場
次期のWindowsOS。
Vistaで見送られたシステムが導入されるか。
個人的にはWinFSが楽しみ。
公開は2010年初めの予定。
たぶん、企業PCは多くがVistaをスルーして、Windows7へ移行予定を合わせてくる気がする。

長いので続きは明日。
posted by K大 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2008年11月04日

Ecoな生活

私がEcoな生活を心がけていることを知る人は少ない。
昨日始めたのだ。

うちのPCは自作である。
大学時代、FlightSimulatorをストレスなくやりたくて、グラフィック描画機能を過剰なまでにハイスペック化してから、部品を取っかえ引っかえして今に至る。
最近のメーカー製PCはスリムで省スペース型だったり、持ち運び可能だったりと色々気を遣っているが、私のパソコンはそんな軟弱者ではない。
「自作」と聞いて、多くの人が想像するように無駄にでかい。
見た目もでかいが、消費電力もでかい。

何せ、それなりのスペックを持ったグラフィックボードと、ハードディスクが5台(RAID1×2+1台)も詰まっているのだ。
熱を逃がすためにファンだって回っているし、冬場は暖房の一助となるぐらい。

さらに、私は一日のほとんどをPCつけっぱなしで過ごしている。
もちろん、「一日」というのは会社に行っている時間を含む。
これは会社や外出先からリモートでPCに潜り込んで、時間のかかる作業(動画の変換とか、ウイルススキャンとか)をやらせていたり、会社じゃつながらないサイト(会社はいろいろなサイトにフィルターをかけているのだ)を見たりなど、まあそれなりに有意義には使っている。
いつ何時使いたくなるかわからないため、常時立ち上げてあるのだ。

しかし、便利ではあるものの、その電気(代)は結構バカにならない。
これまでは、万引きを見つけられた若者よろしく「払えばいいんだろ、払えば」と言ってきたが、地球にも財布にもやさしくないので小心者の私は後ろめたさを感じていたものだった。

ということで、消費電力の小さなPCを常時立ち上げて、必要なときにはそこから改めて立ち上げることを計画した。
 cf.) Wake On LAN(Wake Up On LAN)
  Wake up On Lan Tool
「PCとは自作である」と思いこんでいる私は、つい省エネPCの作成を計画してしまったのだが、よく考えるまでもなくもっとも省エネなのはノートPCであることにはたと気づいた。
さすがにノートPCは自作できないので購入することになるのだが、どれも高い。
ただ電源を入れるためのPCに3万も4万も払っていられない。

うーん…と3秒考えて、
 「中古という選択肢もあるんだぞ」(大学恩師の言葉より)
とわかる人にしかわからないフレーズが頭に浮かび、はたと膝を打って、聖地・秋葉原へ。
3,4件回った末に買ったのが、ThinkPad X31。

IBM Thinkpad X31

CPU:PentiumM 1.4GHz
Memory:512MB
HDD:40GB

これで1万6000円。
うん。なかなかお買い得。

気になる消費電力は…
Pentium MのSpeed Stepという技術で、CPUの負荷に応じてCPUのクロックと供給電圧をダイナミックに変化させる省電力テクノロジーが搭載されているらしい。

<測定結果>
 ・起動直後(600MHz) : 11W-13W
 ・1400MHz固定時  : 13W-16W
 ・高負荷時 : 25W-27W
 ・Webサーバ+Livecapture2+Skype常駐時(600MHz) : 11W-13W
  >上記構成で液晶画面をOFFにしたとき : 8W
  >更にHDDがスタンバイになると : 7W

ThinkPad X31の消費電力(みのむしログ)


ブラボーexclamationハラショーexclamation
私は基本的にノートPCを閉じて、液晶画面をOFFにした状態で通電しておくので、8W程度の消費電力となりそう。

うむうむ。
これでEcoな生活の仲間入り。

インターネットの買い物が発達しているとはいっても、さすがに中古品を現物見ずに買う勇気はない。
ディスプレイの付き具合とか汚れとか破損とかキーボードの感じとか、よくよく見てみないと。
秋葉原が近くてよかったーグッド(上向き矢印)(織田裕二風に)
posted by K大 at 22:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | PCを楽しむ

2008年11月03日

過去を裁く

私が「三国志」好きであることを知る人は少ない。
私のことを知る人はもっと少ない。

一口に「三国志」と言っても、日本にはいくつかの種類がある。
事実上の底本となっている「吉川英治」によるものを始め、横山光輝による漫画三国志、北方謙三による三国志、ゲームの三国無双などなど、その数は多い。
私が三国志を初めて読んだのは中学生の頃、吉川三国志だった。
何気なく親の本棚を眺めていたら古めかしい単行本が出てきて、これも何気なく読み始めたらあまりの面白さに止まらなかった。試験期間中だったのに…。
しかし、このおかげでセンター試験までのつきあいになる漢文には苦手意識を感じなかったので、まあよしとしよう。

それ以来、親の持ち物であった三国志を自分の本棚に取り込み、大学時代はもちろん、今でも傍らの本棚に収まっている。
通算5回ぐらいは読んだか。

最近、その三国志中でも随一の場面である「赤壁の戦い」を題材にした映画が公開されている。

レッドクリフlogo


ここ1ヶ月ほど、通勤列車の吊り広告や壁の広告にも宣伝があったので気になっていた。
もちろん映画の公開を気にしたのと、もう一つ、曹操の扱いについてだ。

曹操とは三国志中、もっとも強大な国力を誇った魏の国を打ち立てた人物である。
「治世の能臣、乱世の奸雄」(平和な世の中では優秀な臣下、戦乱の世では『奸雄』(悪知恵で英雄になった人、ようはずる賢い、邪な英雄))と評され、意味はよくないもののそれだけ能力があったことが伺える。

で、上述の映画の広告では曹操が完全な悪者として扱われていた。これは、劉備の蜀や孫権の呉を滅ぼそうと公称100万の軍隊で攻めてきた(結局赤壁で大敗してしまうが)ことを指して言っている。
元々、中国でも曹操は悪者として扱われることが多いとは知っているが、やはり違和感がある。

曹操にしても、第2次世界大戦に関しても、あれは侵略だとか慰安婦は完全な悪だとかいろいろ話は聞くが、基本的に今の価値観で当時を裁くことは間違っている。
もちろん、今の価値観からすると間違ったことだったと認めることは必要で、有益ではあるが、だからといって当時の出来事がすべて間違っていて指導者が無能だったかのような話は聞いていて気分が悪い。

その当時にはその当時の価値観があり、それぞれの立場で正義があった。
その中で人々は、今の自分たちや未来の子孫たちのために必死に生きてきたはずである。
それらを完全に無視して、あいつは悪者だと、現在の正義観を一方的に押しつけるのは間違っている。

曹操にしても同じ。
自らの国を脅かす存在をつぶすのは、別に間違った思考ではない。
戦争に対する世間の価値観も違う。
できれば勧善懲悪ではなく、三者三様の正義と企みがあったという話にして欲しいのだが、実際の映画はどうなんだろう。
映画館に行けるかどうかはわからないが、必ず見ておきたい映画である。

ちなみに私が好きな武将は関羽。(あまりに月並みか…)
posted by K大 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2008年11月02日

日本国民皆平等

最近、振り込め詐欺が増えているようで、警察も対策に躍起になっている。
そんな中、北海道で起きた事件。

24日午前、女性が北海道銀行星置支店の窓口で振り込みを依頼。女性の息子は東京在住なのに、振込先が三重県であることを不審に思った行員が確認を求めたり、振り込まないよう説得したが、女性は「息子が大変なことになる」と応じなかったという。
銀行が1時間説得も振り込め詐欺被害に


もう、あきれて開いた口がふさがらない。
犯人が悪いことは当然として、この66歳の女性も問題外。
これだけマスコミ始め、警察や銀行が言っているのにこの体たらく。

原因を考えるに、あまりにも常識が無く頭が悪いことに加え、子離れできていない親が多いのだろうか。
「子供のためなら」という話は聞くばかりで実感したことはないが、それでも成人を過ぎた子供に対して無条件にお金を振り込んでやるなどありえない。

で、他人の親に憤慨するのは、こういう人のためにも私を始め多くのサラリーマンが出した年金を、お役所が適当に運用して、生きている限り際限なく支払われ続けるということだ。
さらには、今支払われている人が若い頃と同じ負担ならば文句も言わないが、国の仕組みが破綻して、年金の制度も変わって、より重い負担をバブル期においしい思いをした人に、不況であえぐ我々が支払わなければならない。

これでも、「日本国民皆平等」の精神の元、同じ1票の選挙権を与えられ、1国民として同じ権利を持っているのだ。
いや、「子供の数だけ投票権利を持つ」とか「老人は参政権なし」なんていうことは問題があることは百も承知だ。
それでも、1時間も説得された挙げ句、犯人にお金を振り込んでしまったおばあさんと、毎日毎日働いて毎月きっちり年金を納め、これからはもっと辛い環境に置かれそうな私などの権利が全く同じなんて、ただ単純に悔しいじゃない。

ちょっとした愚痴。
posted by K大 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2008年11月01日

トリアージを巡る国民性

「トリアージ」という言葉がある。

人材・資源の制約の著しい災害医療において、最善の救命効果を得るために、多数の傷病者を重症度と緊急性によって分別し、治療の優先度を決定すること。
Wikipedia


関連して、まさにその通りなエントリを見つけた。

お役人の事なかれ主義も問題だが、ニッポンでは何が何でも「被害者」が絶対的に可哀想という「100%安全信仰」みたいなものが強すぎ。これに迎合してマスコミは○○による「被害者」を大々的に取りあげ、嬉々として犯人捜しをやる。その○○のおかげで救われたケースは全く無視。これでは誰も責任追及をおそれ新しいことはやらなくなってしまう。冷静な判断が出来なくなる現象はBSEの例で見られる。
日経:完ぺきな安全を求めるあまり、大勢の命を危険にさらしている日本の医療(Letter from Yochomachi)


救急に限らず、世の中に完璧や完全というものはほとんどない。
私が大学時代にある航空会社に研修に行ったときには、これから飛ぶ飛行機の主翼の一部に亀裂が走っていたが、結局その亀裂の端っこに丸い小さな穴を開けて亀裂が広がらないようにして、飛んでいった。
また、今の仕事を見渡しても、何らかの不具合を抱えながら稼働しているシステムばかりである。

もちろん、これらは致命的な支障を来さないことを確認できているからこのような対策で継続した運用を行うわけだが、世の中には「完璧・完全でないから失敗した」みたいな論調が多すぎる。

80%の完成率を100%にするには、80%までの手間と同じぐらいが必要だと何かで聞いたことがある。
かけられる手間や資源には限りがあるのだから、いかなるものにもトリアージの考え方は必要だし、実際社会はそのようにして動いている。
少しでも社会に出ていれば当たり前のことも、マスコミの垂れ流す偽善的情報に踊らされていると、なかなか気づけない。

こういうことも早い段階、学校できちんと教えるべきことだと感じる今日この頃。
posted by K大 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感