2011年11月12日

Tangible User InterfaceとipadとX-info Table

リフレッシュ休暇は結局のところ部屋の片付けで終わってしまった。
何かに邪魔されることなく片付けに専念した結果、かなりのものを整理し捨てることができた。
年度末には引っ越しも予定しているし、ある意味よい休暇の使い方だったと思う。
ただ考えていた休暇の使い方とは違っていて、まるで夏休みを終えた受験生のようにちょっと不満は残るが。

片付けをしながらこれまでHDDレコーダーに記録していたテレビ番組を見ていた。
その中でITホワイトボックスを再生していたところ「Tangible User Interface」の放送があった。

Tangible User Interfaceとはユーザーインタフェースの考え方の一つで、少し古い記事ながら下記が参考になる。
実体を持つデバイスに物理的に触れることにより、操作を直感的に知覚できるインターフェイス。TUI は、CUI と GUI によってモニターの中に追いやられてしまった操作感を、もう一度人間の手に還元しようとしている。その原点はそろばんであり、自動車のステアリングなども TUI の一例だ。自動車の場合、ステアリングのきり具合が車の曲がり方にダイレクトに反映し、それが直感的な操作性を実現している。これをいかに IT 分野に応用するか、研究が進められている。
→実体を持つ次世代インターフェイス、「Tangible User Interface」


つまり文字だけのインタフェースだったCUI、現在主流のマウスを使って操作するGUIの次にあるインタフェースとして、TUIが提唱されている。
番組ではこれを推進しているMITの石井教授をゲストに話を進めていた。

ネットで検索してみるとMITのページに様々な形のTUI研究結果がmovieとして公開されている。
 Tangible Media Group - Projects
また、NTTコムウェアによる製品化事例も見つけることができる。
 タンジブル防災シミュレータ


>>> 続きを読む
posted by K大 at 15:46| Comment(3) | TrackBack(0) | ネット生活

2011年11月07日

リフレッシュ!

一般的にどうなのか知らんが、うちの会社には節目の年齢に達した社員に対して「リフレッシュ休暇」が付与される。
具体的には30歳とか35歳に達した翌年に通常の有給休暇とは別に5日間の休暇が与えられる。
何をどうやってリフレッシュしたかは問われず、報告の義務もない。
ただ「連続して5業務日に渡って取得する」という決まりがあるだけだ。

ということで、今週、私は1週間まるまる休みである。
まあ、うれしいといえばうれしいが、そう言ってばかりもいられない。
今年度はもうすぐ終わるものも含めれば10個弱のプロジェクトが動いており、休みだからといって会社と無関係に過ごすわけにもいかず、メールも来れば電話も来るので対応せざるを得ない。
本当は、時間で働いて給料をもらっている事を考えれば、休暇中には1分だって働きたくないのだが、自分には自分の役割があり、それがなければ困る人がいる以上、そう言うわけにもいかない。

休暇一日目の今日はたまっていた洗濯物を片付けて、リモートで仕事をして、部屋を掃除して、電話で仕事をして、ご飯を食べて、仕事をして…。
11月から12月は日の入りが1年で最も早い。
夕方早くから暗くなる部屋に一日中家にこもっているのも限界だったので、ノートPC持って近くの喫茶店へ。

うーん。こんなことでリフレッシュできるのだろうか…。
他の人はみんな働いているから遊びに行くわけにもいかんしなー。
posted by K大 at 18:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感

2011年06月12日

Facebookはじめました

久しぶりに更新してみる。

「ネットは危険」と思い始めたのがいつからだったか。
大学生の頃、一人暮らしをはじめて、電話線を引っ張って、テレホーダイ時間になったらネットにつないで、よくわからないままさまよっていた頃。
または、大学の共用パソコンでダイアルアップでは実現できないほどの早さで、ソフトウェアをダウンロードしてフロッピーに何枚かわけて保存し自宅に持ち帰っていた頃。
あのころはそれほど危険という認識はなかった。

あれから時が流れて、今では自宅でも電話線を使わず、WiMAXで家でも外でもつないでいる現状にあっては、これまで当たり前のように使っていた「プロバイダ」という業者も解約してしまい、あのころ常識と考えていたものが次々と変化していった。
ただ、いつの頃から根付いた「ネットは危険」という考えは今も変わらず強く残る。

海の向こうではしばらく前からFacebookなるものが社会インフラ化するほどの勢いで広まっており、しかもその波は日本にもやってきていることは周知の事実。
私も存在自体は知っていたが、何よりその実名主義のルールが自分の常識となじまず、距離をとってきた。

ある日、会社で一緒に仕事をしている人から「Facebookやろうよ」といわれ、招待状を送られた。
はじめは少し躊躇する面もあったが、せっかくの機会を生かさず、変化を恐れるようになったら人間おしまいだと思い、素直にはじめてみることにした。

まだ活用できているわけではないが、少し使ってみて思ったこと。
それは海外製のサービスによくあるUser Interfaceの弱さ。
Facebookと同じ分野のサービスは断然mixiだろうが、私の感覚ではmixiの方がよっぽどUIに優れている。
何をするにしても日本的細やかさのあるmixiに対して、Facebookは何がなんだかよくわからないし、思った操作もしにくい。(ただmixiは「あしあと」機能とかいうお節介で気持ち悪い機能があるのでほとんど使わないけど)

この感覚はデジャブだ。
以前、会社の研修で世界的に使われている会社用の決算ソフト「SAP」を3日間かけて触れたことがあった。
世界的なデファクトスタンダードであることから、さぞすばらしいソフトなのだろうと期待して触ってみたのだが、そのときもUIの貧弱さに驚いた覚えがある。
そのときの講師は、そのUIの貧弱さを認めた上で「世界的に使われているソフトもこの程度なのか、と思うことがこの研修のねらいの一つです」と言っていた。

おそらくこれらのソフトに共通しているのは、アーキテクチャーの堅牢さというか、土台の作りがしっかりしている部分にあるのだろうと思う。
SAPなどは世界の会計ルールの変更に対応できるように作られており、それこそが世界的に広く使われる理由になっているとか。
システム構築やソフトウェア開発に携わるものとしては、こういう部分を意識して開発に取り組むべきなんだろうとは思うが、そんな成果が出るかわからない、アーキテクチャーレベルから取り組めるような仕事などなかなかなく、思うだけにとどまっているのが歯がゆいところだ。
タグ:Facebook
posted by K大 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活

2010年01月20日

【読了】確率の理解を探る〜3囚人問題とその周辺〜【三】

ゲーム理論の本を読んでいると必ず「囚人のジレンマ」という話が出てくる。
詳細な解説はWikipediaに詳しいが、私が過去に読んだ本の中でこの問題に関連して紹介されていた参考書籍が本書。
比較的学術的(共立出版で日本認知科学会編)な本なので、出回る量も少なく、よって値段も比較的高め。
個人で買うのはためらっていたが、会社のライブラリで検索したら偶然にも存在したので借り受け、読了した。

まずはAmazonから目次引用。
第1部 3囚人問題とその背景
 ・条件つき確率とベイズの定理
 ・3囚人問題とは
 ・分析と実験の始まり
第2部 3囚人問題をめぐる数理と心理
 ・事後確率はどう振舞うか
 ・3囚人問題はなぜ難しいか
 ・納得の方略をめぐって
第3部 3囚人問題を超えて
 ・事後確率を推定するプロセス
 ・問題理解における形式的表現と日常的行為
 ・同型図式による問題の理解と解決


本書のテーマはタイトル通り、3囚人問題とその変形版が中心となる。
同型の問題として「3ドア問題」とか「モンティ・ホール問題」と呼ばれることもあるこれらもまたWikipediaに詳しい(Wikipediaってすごいねー)。

問題は次のようなものだ。


>>> 続きを読む
posted by K大 at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 本を楽しむ

2010年01月04日

【読了】問題プロジェクトの火消し術【五】

今更のことながら、システムを作るというのは非常に難しいことを日々実感しながら仕事をしている。
ここ1ヶ月ぐらいの間で、何人かの友人とも話をしたが、やはり現実の物をあっちこっちすることが仕事の「建築」や「運輸」と違って、目に見えないものを作り出すシステムはその特性が異なる。
もちろん、どちらが難しいというのではなくて。

まだまだ経験の浅い自分ではあるが、それでも仕事を進める中で思うことは色々とある。
・プロジェクト運営をどのようにすればより効率よく仕事を進めることができるのか。
・要員のモチベーションを高く保つためには何に気をつけて作業指示するべきか。
・会社間のいざこざをどのように収めるべきか。
・上の方の人が言うことと、現場の人間の意識のギャップをどのように折り合いつけるか。
・監査人への報告をどのように手間かけずに行うか。
・ユーザとの調整を滞りなく行うには、どのように話を持って行くべきか。
etc...
おそらくこの難しさは、一つとして同じプロジェクト運営がないこと、属人的な部分が大きいこと、よって「これに従えばよい」というマニュアル的なものがなかなか整備しにくい、または過去の経験がそのまま生かせないことにある。

そんな中、前々から積ん読状態であった本書に年末年始休みを利用して手をつけた。
本書はいわゆる「炎上」状態に陥ったプロジェクトをリカバリする課程を追いながら、その手順解説を行っている。
著者は「長尾清一」氏。本の裏書きを見ると、米国で大規模プロジェクトの指揮・監督に携わり、現在は研修やコンサルティングを行われているようだ。


>>> 続きを読む
posted by K大 at 16:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 本を楽しむ